時短父さんの投資生活

日米の高配当株・連続増配株などへ投資して、経済的な自由を手に入れること、配当金で生活することを目標にしています。3児の父で、2020年末まで時短勤務で働いていました。またいつか時短に戻りたい。

時短父さんの投資生活 イメージ画像

確定拠出年金

こんにちは。時短父さんです。新型コロナの影響で株式市場は低迷が続いていましたが、ここ数日は少し明るい材料も見えてきた気がします。東京では感染者数が2桁に転じ、ニューヨーク州やジョージア州では一部の経済活動再開も始まるようです。それを受けてか、ニューヨーク市
『【確定拠出年金】マイナスから脱出!2020年4月資産額は208万円でした!』の画像

こんにちは。時短父さんです。株式市場のコロナショックによって、株式投資家の資産は大きく減少していることと思います。それは個別株の運用だけでなく、老後に必要となる資金を運用している確定拠出年金でも同じことが起きています。リスクを取って株式メインの投資信託を
『【悲報】確定拠出年金の評価益が全てなくなった・・・』の画像

こんにちは。時短父さんです。2020年2月度の企業型確定拠出年金の運用状況を報告します。2月29日時点の総資産評価額、評価損益、利回りは以下の通りです。総資産評価額は224.1万円でした。前月比15.7万円、率にして6.6%の減少でした。11月は8.4%増加、12月は4.3%増加、20
『【確定拠出年金】2020年2月末の資産評価額は224万円でした』の画像

こんにちは。時短父さんです。時短父さんの勤め先では企業型の確定拠出年金制度を導入していて、従業員一人ひとりに退職後、老後の資産作りを後押ししています。すでに当ブログでも何度かご紹介しているように、私はアセットマネジメントOneが運用するDIAM外国株式インデック
『【確定拠出年金】商品メニューに米国株インデックスFを入れない理由を会社に聞いてみた』の画像

こんにちは。時短父さんです。ブルームバーグが報じたところによれば、米国の確定拠出年金(401k)口座や個人退職勘定(IRA)の残高が100万ドル(1億1000万円)以上あるミリオネアの数が過去最高に達したようです。これは投資信託運用会社のフィディリティ・インベスツメント
『【朗報】確定拠出年金でもミリオネアになれる!』の画像

こんにちは。時短父さんです。2020年1月度の企業型確定拠出年金の運用状況を報告します。1月31日時点の総資産評価額、評価損益、利回りは以下の通りです。総資産評価額は239.9万円でした。前月比3.6万円、率にして1.5%の増加でした。11月は8.4%増加、12月は4.3%増加してい
『【確定拠出年金】2020年1月末の資産評価額は239万円でした』の画像

こんにちは。時短父さんです。2019年12月度の企業型確定拠出年金の運用状況を報告します。12月28日時点の総資産評価額、評価損益、利回りは以下の通りです。総資産評価額は236.2万円でした。前月比9.7万円、率にして4.3%増加しました。前月は8.4%も増加していたのですが、
『【確定拠出年金】2019年12月の資産額は236万円(9.7万円増)でした!』の画像

こんにちは。時短父さんです。2019年11月度の企業型確定拠出年金の運用状況を報告します。今月分からデータ集計時期を月末時点に変更させていただきます(これまでは月途中の任意日でした)。11月30日時点の総資産評価額、評価損益、利回りは以下の通りです。総資産評価額は2
『【確定拠出年金】2019年11月度の資産額は226万円でした(17.6万円増)』の画像

こんにちは。時短父さんです。企業型確定拠出年金を運用されているサラリーマンの数は年々増加傾向にあります。厚生労働省の資料によると2008年末時点では約310万人だった加入者は、2018年末で689万人、2019年8月末時点では720万人となっています。サラリーマンの間でも確定
『【確定拠出年金】「運用商品預替」で利益確定する』の画像

こんにちは。時短父さんです。時短父さんが勤める会社では従業員の年金プランとして、企業型の確定拠出年金制度があります。当ブログでも毎月その運用状況を報告させて頂いています。自分が保有する商品(DIAM外国株式インデックスファンド)の運用状況はそれで分かるわけで
『【確定拠出年金】自社プラン商品を累計リターンと手数料でランキング付してみた』の画像

↑このページのトップヘ