時短父さんの投資生活

日米の高配当株・連続増配株などへ投資して、経済的な自由を手に入れること、配当金で生活することを目標にしています。3児の父で、2020年末まで時短勤務で働いていました。またいつか時短に戻りたい。

時短父さんの投資生活 イメージ画像

確定拠出年金

こんにちは。時短父さんです。あ~、もう今年も一月終わってしまいましたね。この歳になると時間が経つのが本当に早いです。1月からフルタイム勤務に戻り、通勤(痛勤)や勤務時間に身体が慣れるか心配していたのですが、リモートワークで何とか乗り切りました(笑)さて1月
『【運用状況】資産合計は個別株1304万円と企業型DC311万円でした』の画像

こんにちは。時短父さんです。昨年末時点での企業型確定拠出年金の運用状況が分かりました。それによると、2020年12月末時点での資産総額は約301.8万円で、初めて300万円に到達しました。拠出金累計額は約228万円なので、評価損益は約73.7万円となっています。利回りは7.01%
『【確定拠出年金】資産総額が300万円に到達しました!』の画像

こんにちは。時短父さんです。何度も言っていることですが、私の個人資産の運用は2本立てで行っています。一つは配当株への投資で不労所得作り、もう一つは企業型確定拠出年金で老後資金の足しを作ることです。2本立て、といっても資産額の割合では、配当株4:確定拠出年金1
『【確定拠出年金】家計厳しいがマッチング拠出を増額しました』の画像

こんにちは。時短父さんです。私は資産運用を2本立てで考えています。一つは個別株・ETFの積立投資による不労所得の獲得です。主に高配当・連続増配株でポートフォリオを組んでいて、最近は高配当株ETFでリスク分散を図っています。配当という不労所得があれば、本業の給与・
『【確定拠出年金】9月末の資産残高は261万円でした』の画像

こんにちは。時短父さんです。多くのサラリーマンにとって、老後資金の基礎となり得るのは国民年金だったり、厚生年金だったり公的年金であることには、間違いありません。しかし、問題は公的年金は「基礎」になるだけで、それだけでは不十分だということです。もし公的年金
『【確定拠出年金】マッチング拠出してますか?8月末資産は過去最高となりました』の画像

こんにちは。時短父さんです。時短父さんの資産運用は主に2本立てで行っていて、一つは高配当・連続増配の米国株を中心とした運用です。個別株の運用は、銘柄選択がかなりの割合でそのパフォーマンスに影響を与え、実際運用益を出すのは難しいのが現状です。ただ基本的には不
『【確定拠出年金】7月末資産額は246万円(10万円増)でした』の画像

こんにちは。時短父さんです。時短父さんの資産運用は、基本的には高配当株や高配当ETFによって配当を受け取ることをメインにやっています。サラリーマンとしての収入を補うため、収入源を複数持ちたいため、配当という不労所得を増やしているのです。いつかは不労所得で生活
『【確定拠出年金】2020年6月末残高は235万円でした』の画像

こんにちは。時短父さんです。私は某東証一部上場企業に勤めるサラリーマンをしています。この会社では企業型確定拠出年金を採用しており、従業員は毎月の給与から一定の掛け金を拠出する(徴収される)ことになっています。せっかく汗水垂らして稼いだ給与を、将来の年金受
『【企業型確定拠出年金】担当部署に異動して、まともな商品を導入したい』の画像

こんにちは。時短父さんです。ここ数カ月、どんな記事を書くにしても「新型コロナ」のことに触れない日はないですね。ウィルスなんて、目に見えない小っちゃいやつなのに、経済や株式市場へのインパクトが大きい過ぎます。緊急事態宣言が解除されたのに(されたから?)、都
『【確定拠出年金】5月末の資産額は228万円(9%増)でした』の画像

こんにちは。時短父さんです。新型コロナの影響で株式市場は低迷が続いていましたが、ここ数日は少し明るい材料も見えてきた気がします。東京では感染者数が2桁に転じ、ニューヨーク州やジョージア州では一部の経済活動再開も始まるようです。それを受けてか、ニューヨーク市
『【確定拠出年金】マイナスから脱出!2020年4月資産額は208万円でした!』の画像

↑このページのトップヘ