時短父さんの投資生活

日米の高配当株・連続増配株などへ投資して、経済的な自由を手に入れること、配当金で生活することを目標にしています。3児の父で、現在時短勤務で働いています。

時短父さんの投資生活 イメージ画像

確定拠出年金

こんにちは。時短父さんです。時短父さんが勤める会社では従業員の年金プランとして、企業型の確定拠出年金制度があります。当ブログでも毎月その運用状況を報告させて頂いています。自分が保有する商品(DIAM外国株式インデックスファンド)の運用状況はそれで分かるわけで
『【確定拠出年金】自社プラン商品を累計リターンと手数料でランキング付してみた』の画像

こんにちは。時短父さんです。2019年10月度の企業型確定拠出年金の運用状況を報告します。9月17日時点の総資産評価額、評価損益、利回りは以下の通りです。総資産評価額は208.9万円でした。前月比1.8%増加しました。前月に初めて資産総額が200万円に乗せていて、今月もわず
『【確定拠出年金】2019年10月度の資産額は208万円でした(3万円増)』の画像

こんにちは。時短父さんです。4日、日経電子版が伝えたところによると、厚生労働省は企業型確定拠出年金の加入年齢の上限を、現行の60歳から70歳に引き上げる検討に入りました。加入年齢の上限引き上げは、加入者本人の運用期間の拡大や企業型では拠出期間の拡大に繋がります
『【朗報】確定拠出年金の加入年齢引き上げ(60歳→70歳)を検討』の画像

こんにちは。時短父さんです。確定拠出年金には、企業型と個人型(iDeCo)がありますね。企業型と個人型のざっくりとした違いは、前者は原則勤め先の企業が資金を拠出するのに対して、後者は加入者本人が全額拠出します。私は企業型に加入しています。その運用状況は、ブログ

こんにちは。時短父さんです。2019年9月度の企業型確定拠出年金の運用状況を報告します。9月17日時点の総資産評価額、評価損益、利回りは以下の通りです。総資産評価額は205.2万円でした。前月比9.5%増加しました。株高の恩恵を受けて、初めて確定拠出年金の資産総額が200万
『【確定拠出年金】2019年9月度の資産額は205万円でした(17万円増)』の画像

↑このページのトップヘ