時短父さんの投資生活

日米の高配当株・連続増配株などへ投資して、経済的な自由を手に入れること、配当金で生活することを目標にしています。3児の父で、現在時短勤務で働いています。

時短父さんの投資生活 イメージ画像

市場関係

こんにちは。時短父さんです。今月、ついに28,000ドルを超えて、連日のように最高値を更新していたダウ平均株価も、ここ数日間は香港の政治情勢などから下落に転じています。21日の終値も前日比54ドル安27,766ドルでした。さて気になるのは年末にかけて、株価の一段の上昇は
『ダウ平均株価は12月末に掛けて一段の上昇はあるのか?』の画像

こんにちは。時短父さんです。11月15日のニューヨーク市場では、大型優良株で構成されるダウ平均株価が史上最高値の28,004.9ドルを付けました。米中の貿易協議が進展し、合意が前進するとの見方が広まったためとされています。7月11日に27,000ドルを突破してから、何度か下げ
『【ダウ平均28,000ドル突破!】27,000ドルから最も上昇した銘柄はどこ?』の画像

こんにちは。時短父さんです。少し時間が経ってしまって新鮮味が薄れますが、9月のダウ平均株価構成銘柄の株価騰落率のランキングをご紹介します。個別銘柄の紹介の前に、ダウ平均株価はどうだったかというと、8月末時点で26,403ドルだった株価は、9月末には26,917ドルへと1.
『【ダウ30種】2019年9月銘柄別上昇率1位はDOWで、最下位はUNHでした』の画像

こんにちは。時短父さんです。サウジアラビアの石油施設が無人機による攻撃を受けて、世界の石油供給量の約5%が停止したため、原油先物価格が過去最高の上昇率となりました。【WTI6ヵ月チャート】これを受けて、16日のニューヨーク市場でも関連するエネルギー銘柄が急騰しま
『【原油】中東での事業を行わないエネルギー会社の株価が急騰!買いなのか?!』の画像

こんにちは。時短父さんです。5日発表された米国経済に関する一連の指標によると、リセッション入りはまだ先のようです。・米供給管理協会(ISM)による8月の非製造業総合指数(NMI)は56.4と、7月の53.7から上昇しました。・全米雇用報告(8月)では、民間雇用部門者数が19
『【米国株】リセッション入りは遠のいたか?いつまでも投資を始められない方へ。』の画像

↑このページのトップヘ