時短父さんの投資生活

日米の高配当株・連続増配株などへ投資して、経済的な自由を手に入れること、配当金で生活することを目標にしています。3児の父で、現在時短勤務で働いています。

時短父さんの投資生活 イメージ画像

市場関係

こんにちは。時短父さんです。米国の株式市場では、米中関係の改善や堅調な個人消費や雇用統計、好調な企業決算などに支えられて、主要株価指数が連日のように最高値を更新しています。この記事を書いている時点で、S&P500指数は3,329、ダウ平均株価は29,313ドル、NASDAQ総合
『【米国株】暴落よ、来い!』の画像

こんにちは。時短父さんです。15日のニューヨーク株式市場では、優良株30銘柄で構成するダウ平均株価が、終値として初めて29,000ドルに到達しました。同日に米中の貿易に関わる「第一段階の合意」が調印されたことを好感した買いや、ヘルスケア大手ユナイテッド・ヘルス(UNH
『【祝】ダウ平均株価29000ドル突破!5月には30000ドル到達か?』の画像

こんにちは。時短父さんです。久しぶりにダウ平均株価を構成する30銘柄の上昇率ランキングを記事にしてみます。個別銘柄の紹介の前に、ダウ平均株価はどうだったかというと、11月末時点で28,051ドルだった株価は、12月末には28,538ドルへと1.7%の上昇でした。11月は3.7%上
『【ダウ30種】2019年12月銘柄別上昇率1位はアップルだったよ!』の画像

こんにちは。時短父さんです。今月、ついに28,000ドルを超えて、連日のように最高値を更新していたダウ平均株価も、ここ数日間は香港の政治情勢などから下落に転じています。21日の終値も前日比54ドル安27,766ドルでした。さて気になるのは年末にかけて、株価の一段の上昇は
『ダウ平均株価は12月末に掛けて一段の上昇はあるのか?』の画像

こんにちは。時短父さんです。11月15日のニューヨーク市場では、大型優良株で構成されるダウ平均株価が史上最高値の28,004.9ドルを付けました。米中の貿易協議が進展し、合意が前進するとの見方が広まったためとされています。7月11日に27,000ドルを突破してから、何度か下げ
『【ダウ平均28,000ドル突破!】27,000ドルから最も上昇した銘柄はどこ?』の画像

↑このページのトップヘ