時短父さんの投資生活

日米の高配当株・連続増配株などへ投資して、経済的な自由を手に入れること、配当金で生活することを目標にしています。3児の父で、2020年末まで時短勤務で働いていました。またいつか時短に戻りたい。

時短父さんの投資生活 イメージ画像

市場関係

こんにちは。時短父さんです。エネルギー価格の高騰が続いています。米WTI原油先物価格は一時79.48ドルと2014年以来7年ぶりの高値を付けています。北海ブレント原油先物も、一時83.13ドルを付けて3年ぶりの高値上昇となりました。これは石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非
『原油・天然ガス価格高騰で潤うエネルギー株』の画像

こんにちは。時短父さんです。22日のニューヨーク株式市場では、ダウ平均など主要指数は揃って1%前後高となりました。やや過熱気味だった株式市場は中国恒大(エバーグランデ)問題をきっかけに、本格的な「調整」が入るものと思われていました。が、急落したのは20日のみ。
『あれ?もう「調整」終り?』の画像

こんにちは。時短父さんです。たった一夜で38万円を失いました。それは週明けの米国株が、昨夜の先物価格の下落が示した通り、久しぶりに大きく下げたからです。ダウ平均株価は614ドル下げて1.78%安、ナスダック総合シスは330ポイント下げて2.19%安、S&P500指数は75ポイン
『「懸念」による米国株急落で、一夜で38万円失う』の画像

こんばんわ。時短父さんです。珍しくこの時間に投稿します。というのも、ダウ平均先物価格が1.8%超の急落で34,000ドル前後での取引となっており、かつVIX恐怖指数が33%超上昇して25ポイントに迫っているからです。こりゃ、暴落来るかもね。でも何でだ?理由が良く分かりま
『ついにダウ平均が暴落か?!』の画像

こんにちは。時短父さんです。6日東京株式市場では、東証株価指数(TOPIX)がバブル期の1990年8月以来の高値更新となったとしてニュースになりました。2041ポイントで引けて、連日の高値更新とのことです。しかも6日は1.28%高となかなかの上昇率でした。出遅れていた(と言
『TOPIXがバブル期以来の高値!でも長期パフォーマンスとしてはどうなの?』の画像

こんにちは。時短父さんです。3日米労働省が発表した8月雇用統計で、非農業部門の雇用者数は前月比23.5万人増となり、予想73.3万人増を大幅に下回ったことが分かりました。7月は100万人前後も増加していたので、増加ペースが急減しただけでなく、過去7ヶ月間で最も少ない増加
『8月雇用統計が予想を下回る。米国株にプラスか?マイナスか?』の画像

こんにちは。時短父さんです。8月が終わりましたね。8月最終日のニューヨーク株式市場は、主要3指数が揃って小幅に下落して終えました。ダウ平均株価は35,360ドル(前日比-0.11%)、S&P500指数は4,522(同-0.13%)、ナスダック総合指数は15,259(同-0.04%)でした。8月
『【米国株市況】9月は注意月か?買い場と見るべきか?』の画像

こんにちは。時短父さんです。週明けのニューヨーク株式市場は、主要3指数揃って続伸となりました。ダウ平均株価は先週末比+0.61%の35,335ドル、S&P500指数は同+0.85%の4,479ポイント、ナスダック総合指数は同+1.55%の15,312ポイントで、終値としての最高値を更新しました
『【株価】今月も現れたあの現象(来月もあるか?)』の画像

こんにちは。時短父さんです。5日のニューヨーク株式市場では主要株価指数が揃って上昇し、ダウ平均は35,000ドルを回復、S&P500とナスダック総合指数は終値として過去最高値を更新しました。前日はADP発表の雇用者数の伸びが振るわなかったことやFRB副議長の利上げ発言などで
『【朗報】S&P500は21年末に4700へ!とゴールドマンが予想』の画像

こんにちは。時短父さんです。19日のニューヨーク株式市場は久しぶりに大きく値下がりしました。優良株で構成するダウ平均株価は、先週末比2.09%安の33,962ドルで終了、ナスダック総合指数は同1.06%安、S&P500指数は同1.59%安で終了しました。ダウ平均は一時900ドル超値下
『協調減産縮小⇒原油安⇒エネルギー株下落⇒押し目買い』の画像

↑このページのトップヘ