時短父さんの投資生活

日米の高配当株・連続増配株などへ投資して、経済的な自由を手に入れること、配当金で生活することを目標にしています。3児の父で、2020年末まで時短勤務で働いていました。またいつか時短に戻りたい。

時短父さんの投資生活 イメージ画像

市場関係

こんにちは。時短父さんです。3月最初の取引でニューヨーク株式市場は先週後半の下げを大きく取り戻す展開となっています。記事執筆時点で、ダウ平均株価は31,531ドルで先週末比+618ドル(+2.00%)、S&P500指数は3,902ポイントで同+91ポイント(+2.43%)、ナスダック総合指
『株高に安心していいのだろうか、、、』の画像

こんにちは。時短父さんです。皆さんは投資や市場動向に関する情報をどこから手に入れていますか?日経新聞?モーサテ?ブルームバーグ?モトリーフール?Oxfordクラブのインカムレター?もしくはブログ?もしこれらをやっているのだとしたら、もう一つ加えてほしいものがあ
『【野村證券】『米国株式の投資環境』2月版が発行されました』の画像

こんにちは。時短父さんです。2月16日、大和アセットマネジメントが運用するiFree S&P500インデックスファンドの基準価額が設定来初めて16,000円を突破し、16,001円となりました。(※画面は17日基準日で、16日よりさらに上昇しています♪)iFree S&P500インデックスファンド
『【祝】iFree S&P500インデックスファンド基準価額が16,000円を突破!』の画像

こんにちは。時短父さんです。1月最後のニューヨーク株式市場はほぼ全面安の展開で推移しました。ダウ平均株価は前日比2.03%安で、節目の3万ドルを割り込み、29,982.62ドルで終えました。ダウ平均が3万ドルを下回ったのは約1ヵ月半ぶりのことです。S&P500指数も前日比1.93%
『【米国株】1月のアノマリーは今年も現れました』の画像

こんにちは。時短父さんです。1月8日、大和アセットマネジメントが運用するiFree S&P500インデックスファンドの基準価額が設定来初めて15,000円を突破し、15,214円(前日比350円増、2.35%増)となりました。同ファンド含めて、投資信託の基準価額は通常10,000円からスタート
『【祝】iFreeS&P500インデックスの基準価額が15,000円を突破しました!』の画像

こんにちは。時短父さんです。ブルームバーグ通信が伝えたところによると、ブラックストーン・グループのバイロン・ウィーン氏(87歳)が毎年恒例の「びっくり10大予想」を発表しました。これによれば、米国株の主要株価指数であるS&P500指数は、2021年前半に20%近く下げ、
『S&P500が4500に?ウィーン氏の「びっくり10大予想」は本当にびっくりする予想なのか?』の画像

こんにちは。時短父さんです。昨日のバフェット太郎さんのブログ記事は『あけましておめでとうございます!2021年のダウ平均は+10%になります!』というもので、今年ダウ平均株価は10%上昇すると予想されています。その理由は過去民主党の大統領が就任した最初の年のダウ平
『バフェット太郎さん、2021年のS&P500は最低でも+8%です』の画像

こんにちは。時短父さんです。12月も折り返しとなり、間もなくこの稀に見る世界的な混乱となった2020年が終わろうとしています。株式投資の世界では、春先に嵐が吹き荒れたものの、その後はこれも非常に稀に見るパフォーマンスを見せました。そしてその流れはまだ続いていま
『【米国株動向】12月もダウ平均は上昇で終わるだろう』の画像

こんにちは。時短父さんです。今年は本当に株式市場にとっては波乱の年となりました(まだ終わってないけど、でももうそんな感じがする)。1月-2月上旬くらいまでは株価最高値更新のニュースに湧いていたかと思ったら、新型コロナ大流行で、株価の暴落が始まりました。しかし
『【米国株動向】短期的には下落も、2021年は大幅高を見込む』の画像

こんにちは。時短父さんです。各種報道によると、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスは米電気自動車メーカーのテスラ(TSLA)をS&P500指数の構成銘柄として採用すると発表しました。予定は12月21日です。やっと、ですね。というのも、9月に採用されるか、採用されそうだ、と
『【朗報】テスラがS&P500指数に採用へ!』の画像

↑このページのトップヘ