時短父さんの投資生活

日米の高配当株・連続増配株などへ投資して、経済的な自由を手に入れること、配当金で生活することを目標にしています。3児の父で、2020年末まで時短勤務で働いていました。またいつか時短に戻りたい。

時短父さんの投資生活 イメージ画像

マネー論

こんにちは。時短父さんです。私たち庶民が裕福になるには、やはり投資しかないのでしょうか?ブルームバーグ通信が伝えたところによると、裕福な米国民はここ10年間でさらに裕福になり、貧富の差が拡大したとのことです。日本でも現在2020年国勢調査が行われている最中です
『庶民が裕福になるには、株式投資しかない』の画像

こんにちは。時短父さんです。今年もあの便りが届きました。誕生月になると送られてくるあれです。そう『ねんきん定期便』です。個人的には結構楽しみにしている便りの一つですよね。確定拠出年金の残高なんかは、ネットで確認できるので、簡単に見てしまいがちなのですが、
『今年も『ねんきん定期便』が届きました。年金額はいくらかな?』の画像

こんにちは。時短父さんです。「この会社なくなりますよ」この言葉、約15年前に就職活動で最終の役員面接で、私が発言したものです。何でまた就職の最終面接でこんなこと言ったか?簡単に言えば、危機感を訴えたかったからです。面接している企業を含めて、業界全体は商品や

こんにちは。時短父さんです。家計の見直しには、固定費の削減が有効だというのは、よく聞く話です。例えば、住居費。家計支出のなかで最大の比率を占めるが、住居費です。住居費を削減できれば、家計に余裕が生まれるのは、確かでしょう。ただこれを削減するには、通常引っ

こんにちは。時短父さんです。夏の一大イベント「サマージャンボ宝くじ」の発売が今月14日から始まっています。一等前後賞合わせて7億円を手にするのは、あなたかもしれません!TV CMや電車内の広告を見ていると、7億円の誘惑がもの凄いです。一等が1000万円のジャンボミニな
『【宝くじ】「夢」より「資産」を買おう!』の画像

こんにちは。時短父さんです。私は、夏のボーナス支給日が終わったと思った途端に、次の給料日のことを考えてしまうサラリーマンです。サラリーマンは、「金(マネー)じゃない!仕事だ!仕事にやりがいを見つけるのだ!」と体育会系の精神論や綺麗事を並べて押し通すのは止

こんにちは。時短父さんです。先日、Oxfordクラブから「年金、意外ともらえない・・・」というタイトルのメルマガが届きました。そこには38年間働き続けた生涯平均年収によって、受け取れる年金額の早見表が添付されていました。国民年金は平均年収に関わらず、約6.2万円で固
『高所得である必要性ってあるのかな?』の画像

こんにちは。時短父さんです。5月15日に総務省統計局が発表した2019年度の家計調査報告で、2人以上世帯の平均貯蓄額が1755万円となっているのはご存知でしょうか?そんなに持ってないないよ!というのが世間一般の声だし、実感だし、事実だと思います。この2人以上世帯のうち
『【総務省統計局:家計調査】平均貯蓄は1755万円だが、中央値はいくらか知ってる?』の画像

こんにちは。時短父さんです。やっとです。たぶん一ヶ月近く経ってたのかな。最近は毎日のようにネットバンキングの口座残高を確認していましたが、昨日やっと定額給付金が振り込まれました。何も隠すことなんかありません。5人家族なので、50万円です。マジで嬉しい(′∀`

こんにちは。時短父さんです。憧れのマイホームを手に入れるには、通常それ相応にうん千万円という資金が必要になります。しかし、家族を持ってすぐのサラリーマンに、そんな額の資産はありませんから、住宅ローンを利用するのが一般的です。時短父さんも例外ではなく、東京

↑このページのトップヘ