時短父さんの投資生活

日米の高配当株・連続増配株などへ投資して、経済的な自由を手に入れること、配当金で生活することを目標にしています。3児の父で、2020年末まで時短勤務で働いていました。またいつか時短に戻りたい。

時短父さんの投資生活 イメージ画像

マネー論

こんにちは。時短父さんです。年末が近づくと、気になるのは「年末ジャンボ宝くじ」だという人は多いと思います。発売初日は、ニュースでも発売窓口の行列を映すのが風物詩みたいになっています。「1年の最後に10億円の夢を!」「ボーナスが入ったから宝くじでも買うか」行列
『まだ宝くじを買ってるの?1等が当たる確率は1000万分の1という現実。』の画像

こんにちは。時短父さんです。最も成功している投資ブログの一つ、『チョコの株式投資』は時短父さんも頻繁にチェックしています。ずば抜けた金銭的センスで時事問題を斬っています。そんなチョコさんのブログのカテゴリーで「マネー論」というのがあります。主に節約や貯蓄

こんにちは。時短父さんです。先月、COSTCOの会員資格を維持するための更新日が到来していたのですが、手続き(年会費の支払い)を忘れてしまい、会員資格を失ってしまいました。通常更新日が近づくと、倉庫店のレジ係などが会計のついでに、その旨を教えてくれます。しかし

こんにちは。時短父さんです。投資を始める理由は様々ですが、老後の生活に備えて財産を蓄えておきたいという人は多いと思います。それは正解だと思うのですが、それでも投資ではなく、ひたすら銀行の口座に預貯金ばかりしている人がいます。投資にも向き不向きがありますし

こんにちは。時短父さんです。 いつもお金の話ばかりで、すみません。でも投資に関するブログなので、どうしても必要なんですよね。それにお金好きですし。でも勘違いしないで下さいね。お金は好きですけど、現金として手元にあるお金は、そんなに興味はありません。何故な

こんにちは。時短父さんです。 資産を早くより多く築くには、「収入を最大化にし、支出を最小化にして、運用をする」ことで達成されます。給料の額や運用リターンを増やそうと思っても、外的要因が多いので、難しいです。一番コントロールしやすいのは、支出を最小化にする

こんにちは。時短父さんです。 13日総務省は、全国の都道府県や政令市で2017年度に発売された宝くじの売上が6.9%減の7866億円だったと発表しました。 時事通信によると、「前年度を下回るのは2年連続で、1997年度以来、20年ぶりに7000億円台に落ち込んだ。2005年度の1兆1

↑このページのトップヘ