時短父さんの投資生活

日米の高配当株・連続増配株などへ投資して、経済的な自由を手に入れること、配当金で生活することを目標にしています。3児の父で、現在時短勤務で働いています。

時短父さんの投資生活 イメージ画像

銘柄分析

こんにちは。時短父さんです。米たばこ大手のフィリップ・モリス・インターナショナル(PM)は、同社が持続可能なグローバル企業50社に選ばれたと発表しました。フィリップ・モリスを含む世界の主要な企業は、社会や環境に与える影響を考慮し、持続可能性の観点からビジネス
『【PM】フィリップ・モリスが持続可能な企業50社に選ばれたが…』の画像

こんにちは。時短父さんです。米大手銀行の2019年第4四半期の決算発表が相次いでいます。15日はゴールドマン・サックス・グループ(GS)とバンク・オブ・アメリカ(BAC)が決算を発表しました。ゴールドマン・サックス・グループ第4四半期の純収入(売上高)は99.5億ドルで、
『【米国株決算】GSとBACは共に通期は減益に!』の画像

こんにちは。時短父さんです。14日、米大手金融機関の決算発表が始まり、先陣を切ったのはJPモルガン・チェース(JPM)、シティ・グループ(C)、ウェルズ・ファーゴ(WFC)でした。3行の業績は明暗が分かれました。JPモルガン・チェース通期の利益は364億ドルで、同行として
『JPモルガンとシティは最高益!ウェルズファーゴは大幅減益に!』の画像

こんにちは。時短父さんです。米百貨店チェーン3社の年末商戦(2020年1月4日までの9週間)の既存店売上高の結果が出揃いました。メーシーズ(M) 前年同期比0.6%減少コールズ(KSS)同0.2%減少JCペニー(JCP) 同7.5%減少3社揃って前年同期実績を下回りました。既に当ブログ

こんにちは。時短父さんです。1年前クラフト・ハインツ(KHC)が減配した主な理由は、大幅な最終赤字に陥ったこと、過大な投資が響きキャッシュフローが毀損したことであると何度も言ってきました。同業のキャンベル・スープ(CPB)は、一時減配を行なったものの、キャッシュ
『【米国株】どこも似たり寄ったり?食品9銘柄のキャッシュフロー』の画像

↑このページのトップヘ