時短父さんの投資生活

日米の高配当株・連続増配株などへ投資して、経済的な自由を手に入れること、配当金で生活することを目標にしています。3児の父で、現在時短勤務で働いています。

時短父さんの投資生活 イメージ画像

投資哲学・ルール

こんにちは。時短父さんです。11日のダウ平均株価は、終値として初めて27,000ドル台に乗せ、前日比227ドル高の27,088ドルで取引を終えました。報道によれば、トランプ米政権が薬価抑制へ向けたリベート(割戻金)制限を断念したことを受けてヘルスケア関連銘柄が上昇し、ダウ

こんにちは。時短父さんです。iDeCoや積立NISAでの資産運用が広まってきました。これらの非課税制度をフル活用して、若い時から少額での積立投資をして行こうというものです。最初からまとまったお金がない庶民やサラリーマンには、時間と複利を味方につけるのが賢いやり方で

こんにちは。時短父さんです。「資産形成」と聞いてどんなことを思い浮かべますか?老後に向けてコツコツと貯金することと思う人もいますし、成長株投資で資産額を大きくすること思う人もいます。間違いではないですし、それぞれにメリットがあります。しかし、時短父さんが

こんにちは。時短父さんです。先日投稿した記事で、ドル建ての配当金は再投資の実感が持ちやすい旨のことを書きました。じゃ、一体いくら(何ドル)貯まったら、再投資したらいいのでしょうか?配当金を受け取ったら、すぐに買い増しすべきでしょうか?いや、大手ネット証券
『【米国株】配当金はいくら貯まったら再投資すべきなのか?』の画像

こんにちは。時短父さんです。インカム重視の株式投資で、資産を増やそうと思ったら、配当金を定期的に再投資して行くことが欠かせません。それは日本株でも、米国株でも同じことです。複利の力を利用できるからですね。配当金再投資の重要性は変わらないものの、日本株に比

↑このページのトップヘ