こんにちは。時短父さんです。

少し早いですが、11月に受け取る予定となっていた保有銘柄からの配当金・分配金が出揃いましたので、まとめることにします。

11月に配当を受け取った銘柄とその金額は以下の通りです。

 VZ  $152.16(前回比7%増) 
 PG         $45.22(同変わらず)
 ABBV     $77.51(同6%増)
 QYLD     $83.99(同3%減)
 BTI       $157.62(データなし)

 合計  $516.50

11月分からは、これまで保有していたXYLDからの毎月分配金はなくなり、代わってブリテッィシュ・アメリカン・タバコ(BTI)からの四半期配当となりました。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)は増配で2%増、保有数量が5%となったことで、受取額が7%増でした。

プロクター&ギャンブル(PG)は増配なし、保有数量の変化もなしでした。

アッヴィ(ABBV)は増配なし、保有数量が6%増で、受取額が同じだけ増加しました。

グローバルXナスダック100・カバード・コールETF(QYLD)は10月分の分配金で、保有数量は変わらず、単価が3%減少したことで、受取額が減少しました。


5銘柄から合計516.50ドルを受け取ることができました。前月比5.2%減であるものの、前年同期比では50.6%増となりました。

それと、11月分の配当受け取りをもって、ドルで受け取る配当金が2万ドルを超えました。

受取配当金推移(月別)

過去の11月分の推移を見てみると、
2018年  $79.49
2019年 $128.32(+$48.83)
2020年 $186.29(+$57.97)
2021年 $232.77(+$46.48)
2022年 $343.05(+$110.28)
2023年 $516.50(+$173.45)

と、まぁ加速度的に増えているのが分かると思います。毎月分配金のQYLDなどの受取時期にもよるし、今回に限ってはXYLDの入れ替えでBTIからの配当金がまとまって入ってきたことによりますが。

3ヵ月連続で500ドルを超える配当金を受け取れたのは大きいと思いますね。12月分も確実に500ドルを超えてくるでしょうし、良い流れができている気がします。

今年の米国株からの累積配当金ですが、11月分を加えることで、5,994.47ドルとなりました。

受取配当金推移(累積)

前年同期比で28.2%増です。

こちらも過去の11月時点での累積配当金の推移を振り返ってみると、

2018年    $218.37
2019年 $1,219.48(+$1,001.11)
2020年 $2,452.01(+$1,232.53)
2021年 $3,276.72(+$824.71)
2022年 $4,675.08(+$1,398.36)
2023年 $5,994.47(+$1,319.39)

と、ほとんど1,000ドル以上ずつ増えていることが分かりますね。

ここまで増やして来れたのは、毎月の定期的な買付け(買い増し)と配当の再投資。これに尽きますね。


そして12月分です。

去年は11銘柄から679.04ドルを受け取っています。

今年は1銘柄(XYLD)減の10銘柄で、どこまでいけるかです。昨年と同水準くらいまで行けた良いですね。

今年の年間目標というか、年初に目安としていた配当金は6,000~6,500ドルでした。確実に6,000は超えてきます。12月に600ドルを超えてくると思うので、きっと6,500ドルも超えると思います。

どうなるか終わってみなければ分かりませんが、笑って終われるようになりたいですね。12月配当金の権利落ちまであと少しだと思うので、ボーナスも入るし、駆け込んじゃおうかな?!

楽しい投資生活を。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ