こんにちは。時短父さんです。

米マイクロソフト(MSFT)が2023年1-3月期(FY2023-3Q)の決算を今朝発表しましたので、速報でお伝えします。

売上高  528.57億ドル(前年同期比7.1%増)←市場予想510.14億ドル
営業利益 223.52億ドル(同9.8%増)
純利益  182.99億ドル(同9.4%増)
希薄化後一株利益 2.45ドル(同10.4%増)←市場予想2.23ドル

トップライン・ボトムライン共に市場予想を上回りましたヾ(´ω`=´ω`)ノ

【MSFT】3Q業績推移

1Qと2Qは減収減益でしたが、3Qでは増収増益に転換して、面目躍如ってところですかね。

セグメント別売上高では、Productivity and Business Processesが前年同期比10.9%増、Intelligent Cloudが同16.3%増、More Personal Computingが同9.1%減でした。

比較的クラウド事業が好調のように見えますが、FY22-4Q以降、Intelligent Cloudの売上高成長率は低下し続けていますので、ちょっと注意かもです。

セグメント利益と利益率の推移は以下の通りです。Productivity and Business Processesは伸びていますが、Intelligent Cloudは横ばいですね。More Personal Computingは低下(減少)しています。

【MSFT】3Qセグメント利益と利益率の推移

キャッシュフローはどうでしょう。

【MSFT】3Q CF推移

営業キャッシュフローは244.41億ドル(同3.7%減)、投資支出は66.07億ドル(同23.7%増)により、
フリーキャッシュフローは178.34億ドル(同11.0%減)でした。

営業キャッシュフローマージンは46.2%でした。前年同期は51.4%ありました。

投資が増え続けているので、なんとか営業キャッシュフローは増えてもらわないと困りますね。

3Qの配当性向は28%でした。

決算発表を受けて、25日の時間外取引では株価が5%近く上昇しています。
【MSFT】株価

今夜の取引ではどうなるでしょうか?

マイクロソフトの決算発表について速報でお伝えしました。

楽しい投資生活を。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ