こんにちは。時短父さんです。

「野村外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI(確定拠出年金向け)」(以下、野村外国株式インデックス)の信託報酬が引き下げれるようです。

これTwtter情報なのですが、ほぼ間違いないと思います。

19

すーまんさんが教えてくれました。有難うございます!

添付資料を見てみると、詳細が書いてあります。
20

変更前の信託報酬(年、税込)は0.154%でした。これでも十分に低いですが、、
変更後の信託報酬(同)は0.1023%になるそうです。さすがに0.1000%を切らなかったですが、大きく引き下げてきましたね。

野村證券グループなんて、すごく人件費とかかかってそうですが、こういう面もあるのかと見直しました。

適用開始は12月28日からだそうです。


そもそもですが、私まだこの野村外国株式インデックスを保有していません、、。なのに、何故これを喜ぶかというと、来年2月以降にここに投資する予定だからです。

以前にもお伝えした通り、現在企業型確定拠出年金として保有・運用しているDIAM外国株式インデックスファンド(DC)が除外対象候補となっています。

当該商品保有者の同意が得られると、ここにはもう追加投資できなくなってしまいます(継続保有は可能)。なので、そのタイミングでDIAM外国株式インデックスファンド(DC)から野村外国株式インデックスに預け替え、運用割合変更(毎月の積立)しようと考えているのです。

DIAM外国株式インデックスファンド(DC)の信託報酬は0.275%ですから、現行でも野村外国株式インデックスよりも高いですし、引き下げ後はさらに差が開きます。

これでますます預け替えしようかなと思っていた、やや曖昧な気持ちが確信へと変わりました。


楽しい投資生活を。
ポチっとお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ



確定拠出年金の教科書
山崎元
日本実業出版社
2016-07-22