こんにちは。時短父さんです。

iFree S&P500インデックス基準価額が最高値を超える見込みとなってきました。ベンチマークとなっているS&P500指数の年初からのパフォーマンス(-10.7%)を考えると、信じがたいことですが、本当です。

8月12日現在の基準価額は21,950円です。

iFree S&P500インデックスファンド基準価額(21,950)

ただし、これは現地12日の取引での指数上昇分(+1.77%)は含まれていません。この上昇分は15日に反映されると思われますが、(為替が一定だとして)21,950円が1.77%上昇したとすると、22,338円となります。

基準価額の過去最高値は、今年4月21日基準の22,306円です。

S&P500インデックス基準価額推移

本当に最高値を更新しそうですね!!

ドルベースの指数は最高値まで10%も低いのに、円ベースでは最高値を伺っているとは、何とも不思議な様子です。ご存知の通り、ドル円の為替の影響を(良い方に)受けているからですね。

ドルベースのS&P500指数は年初の最高値から弱気相場入りしたものの、このファンド基準価額(円ベース)は最高値から8.5%安(6月20日)までしか、下落しませんでした。

持ってて良かったインデックスファンド。そんな感じです。

あ、そう。私はメインの投資は個別株ですが、インデックスファンドも子供の名義で投資をしています。ジュニアNISAで毎月積み立て投資しているんですね。だからここの基準価額も気にしているのです。

一人の運用状況を見てみましょうかね。

1

累計買付金額が140万円に対して、評価金額は227万円、トータルリターンは+87万円となっています。7月末に確認した時は、累計買付金額が138万円、評価金額220万円、トータルリターンは+82万円でしたから、+5万円ですね。めちゃ順調♪

子供の教育資金用だから、インデックスに投資しているのが無難だし、最適解ですかね。この子はまだ7歳なんで、資金が必要になるまであと11年の運用期間があります。一体いくらまで膨らむのでしょうね。楽しみであります!


楽しい投資生活を。
ポチっとお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


インデックス投資は勝者のゲーム ──株式市場から利益を得る常識的方法
ジョン・C・ボーグル
パンローリング株式会社
2018-05-13