こんにちは。時短父さんです。

バンガード社の米国籍ETFのいくつかで6月四半期分配金についての発表がありました。

私が保有しているバンガード社の米国籍ETFは、バンガードS&P500ETF(VOO)とバンガード高配当株式ETF(VYM)ですが、今回VYMについてその発表がありました。米国株全体の株価が下落している中で、個別株からの配当金やETFからの分配金にどれだけ救われているか、、。期待したいところです。

で、早速VYMから確認してみます。

ブルームバーグの掲載情報を見ると、
VYM 22-2Q

おぉ、0.8479ドルとなっています!!分かります?

これ、前年同期比で12.7%増です!!6月分配金の平均増配率は9.3%なので、それを上回りました。

また基準価額が99ドル台まで下がってしまっていますので、(0.8479ドルが4回続いた場合の)配当利回りが、なんと3.43%まで上昇。これは驚き。高配当株式ETFの名にふさわしい利回りと増配ぶりです。

過去からの分配金推移を見てみると、こんな感じになっています。
 ↓↓
VYM

順調に増えていますね。

私は現時点でVYMを117株保有しています。ざっくりとした計算で、税引き後70ドルあまりの分配金を
受け取れるようです。

今回の分配金を受け取りたい場合は、週明け20日までに買付・約定しておけば、おそらく間に合うと思います。以下のように権利落ち日は21日となっていますので。

VYM 22-2Q-1

バンガード社のETFでは連続増配株式(VIG)も、個人投資家には人気ですね。今回VIGの分配金も発表されています。

ブルームバーグの情報掲載では、0.6949ドルと発表されています。

VIG 22-2Q

0.6949ドルは、前年同期比で2.9%増です。過去の平均増配率は9.1%なので、んーーーーー。ちょっと微妙?

そう思ったら、過去の推移を見て、これだけ増えて来てくれているのだから(今回くらいは)と、納得しましょう。

VIG

VIGもVYMと同様に権利落ち日は6月21日となっています。支払日は24日です。

最後はバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)です。長期の積立投資家、世界に資産を分散させたい方は買っているETFだと思います。

VT 22-2Q

VTの6月分配金は0.5978ドルと発表さました。これは、前年同期比で18.4%増です。6月分配金の平均増配率は5.4%なので、めちゃ増やしていますね。ま、でもここは分配金額や増減率に結構バラつきが大きい銘柄です。

VT

ここも上2つと同様に、支払日は6月24日、権利落ち日は21日です。権利取得しておきたいなら、20日までに約定しておきましょう。

来週あたりにはVOOなどの分配金発表があるのかな。楽しみにしておきましょう。またバンガードではなくて、ステートストリート社のETF(SPYDなど)も発表があったみたいです。これについては別記事で。


楽しい投資生活を。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ