こんにちは。時短父さんです。

米国株は今週も下落して終わりましたね。ダウ平均は8週連続の下落で、90年ぶりのことだとか、、。そんな記録的な事象が起きている今を生きているのは、ある意味で凄いことなのかもしれません。

それより失ったお金を返してくれ~と叫んでいる人も多そうですね。

でも、私は売りませんよ。保有株を売ったところで得るものは少なそうですし、このくらいの下げではまだ資産に大きな影響はありません。

株価上昇だけを期待して(目的にして)投資している方なら、短期的には売るのもありだとは思いますが、私はそれだけを期待して投資をしているわけではありません。

やはり配当や分配金を得て行く、不労所得をたくさん得て、FIREを目指して行く、そういところに主眼を置いているので、むしろ買い向かって行かないといけないな、って考えています。今は給料日前で買うお金がありませんが、、月1回の定期的な買い付けは継続します。

さて、そんな配当ですが、5月はもう全て出揃ったと思います。毎月分配型のETFである、QYLDとXYLDは、何故か6月1日が5月分配金の支払日となっていますので、5月中の入金はないでしょう。

ということで、5月に受け取った配当金をまとめてみます。

5月以下の4銘柄配当を受け取りました。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ) 86.77ドル
プロクター&ギャンブル(PG) 40.62ドル
アルトリア・グループ(MO) 118.09ドル
アッヴィ(ABBV) 55.63ドル

合計で301.11ドルです。301.11ドルは、前年同月比で45.7%増です。本来4月配当のアルトリアからの118ドルが、5月に入金されたのが要素としては大きいですね。

受取配当金推移(月別)

月間配当が3万円を超えてくれるのは、嬉しいですね。2~3日分の労働所得(給料)に相当するのかな。これが不労所得でもらえるのですから、配当に対する批判はあれど、やはり配当は素晴らしい。

この301ドルを含む、今年の累計額は1,823.34ドルとなりました。20万円くらいですかね。こちらも、前年同月比で45.7%増となっています。
受取配当金推移(累積)

さて、来月6月は3ヶ月に一度の配当が多い月です。昨年は516ドルでした。5月に受け取れなかったQYLDとXYLD分を加味すると、600ドルは軽く超えて、700ドルに近づくんじゃなかろうかと予想しています。

さぁ、株価が不調な今こそ配当株の仕込み時期ですよ!当ブログでは増配株の情報を発信していますので、投資の参考にしてみて下さい。今後とも宜しくお願いします。

楽しい投資生活を。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

「年100回配当」投資術ー日本人が知らない秘密の収入源
マーク リクテンフェルド
APJ Media
2021-11-26





バカでも稼げる 「米国株」高配当投資
バフェット太郎
ぱる出版
2018-04-28