こんにちは。時短父さんです。

米日用品大手のプロクター&ギャンブル(PG)と米医薬のアッヴィ(ABBV)から5月分の四半期配当を受け取りました。

配当画面(2022年5月18日)

プロクター&ギャンブルからは40.62ドル(単価0.9133ドル、数量62株)、アッヴィからは55.63ドル(単価1.41ドル、数量55株)で、計96.25ドルが入金されました。

株式相場が弱気で調子良くないし、今年はもうあまり株価上昇が期待できない中では、配当という形で、確定した利益を得られるのは、非常に安心感があります。

それぞれの配当の受取状況を振り返っておくと、、

プロクター&ギャンブルからは、2018年8月に初めて配当を受け取ってから、今回で16回目の配当です。当初は保有数量20株、単価は0.7172ドル、税引き後で10.3ドルでした。

それが現在では上記したような水準まで増えました(直近2年間は保有数量の増減なし)。

これまで同社から受け取った配当額は、合計で483.58ドルとなっています。

PG

含み益も3,683ドルほどあり、取得価格5,906ドルに対して、73%のリターンとなっています。保有株のなかでは最もパフォーマンスの良い銘柄の一つです。

アッヴィに投資を始めたは最近のこと。今回で3回目の配当受け取りです。なので、そんなにたくさん配当を受け取ってきたわけではありません。まだ累計89ドル、、。今後もっともっと増やしていきたいと思います。

ABBV

あ、でもパフォーマンスはそれほど悪くありません。含み益は13%ありますね。

配当が減らされることは、ほとんど考えていませんが、、、気になるのはバークシャーがABBV株を全て手放したような報道があったことです。株価にどう影響するのか、気になるところです。

さ、これでたぶん今月の配当受け取りは終了なはずです。

あれ?毎月分配のQYLDとXYLDからはまだだよね?

そうなんですけど、この2銘柄について5月分配金の支払日が、実は6月1日になっているのです。毎月分配じゃないじゃん!感じなんですが、そうなっています。

5月分の配当取り纏めは、また後日したいと思います。

楽しい投資生活を。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

「年100回配当」投資術ー日本人が知らない秘密の収入源
マーク リクテンフェルド
APJ Media
2021-11-26