こんにちは。時短父さんです。

私、現在米国株の高配当株や連続増配株の個別銘柄を12銘柄保有しています。まぁ、他に日本株1銘柄、米国株ETFを4銘柄ありますけど。

個別株に関しては以前はあと3銘柄多く持っていました。だから、15銘柄あったってことですね。手放したのは、IBM(IBM)、ビザ(V)、AT&T(T)の3つです。

期待するパフォーマンスを発揮していなかったから、また投資方針をやや変更したことなどを理由に、これらを売却したわけですが、思いがけないメリットがありました。

それは四半期毎の決算を確認する必要がなくなったってことです。

もうこれ。これに尽きます。

ブログネタにしているからというのも、あるかもしれませんが、同じ日に複数銘柄(3銘柄とか)の決算発表が被ることもしばしばでした。

悪いけれど全ては見切れないです。仕事して、育児して、家事して、ブログ書いて、全ての決算内容を精査するのは無理。

個別株を保有する限りは、決算発表の内容を確認するのが必須なのには変わりないですが、それがしっかりできるのは本来なら多くて両手で数えられるくらいの銘柄数に絞るべきなんでしょうね。

今でも少し多いくらいですから、以前はあっち見て、こっち見て、とこの時期はめちゃ忙しかった(今でも似たようなもんですが)。

いくつか銘柄を手放してからは、少し楽になりました。ブルームバーグの記事でビザの決算が良かったんだとか、AT&Tの顧客が増えたんだぁ、程度の関心で済みます。

個別株を一切持たずに、インデックス投資のみとか、ETF投資だけであったら、もっと何もすることなくなるんでしょうね。

私はブログを書いている手前、個別株を全て手放すつもりはないし、ブログを書いていなくたって、好きでもっている個別株は手放しません。

ただ保有銘柄数が少なければ、労力は少なくて済むなぁというのは、ここ数日で感じているところです。


楽しい投資生活を。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ