こんにちは。時短父さんです。

Twitterで私がフォローしている「ノミさん」と呼ばれているインフルエンサー(株式投資家・不動産投資家)がいるのですが、その方は私と違って、ちょっと興味深い投資方法を実践されています。

その投資方法とは、「VIXだけ見てが30超えたら適当に優良銘柄を買って」行くというもの。

4


VIX指数?

VIX指数、聞いたことありますね。恐怖指数と呼ばれるやつです。株価が暴落する時は、大概このVIX指数が急騰しているという感覚があります。

VIX指数は正確にはこういう定義のようです。
VIX指数とはVolatility Indexの略で、シカゴオプション取引所がS&P500種指数のオプション取引の値動きをもとに算出・公表している指数です。一般的に、数値が高いほど、投資家が先行きに対して不安を感じているとされます。
株式投資の基本は「安く買って高く売れ!」ですから、株価が安くなる時に、逆に上昇するVIX指数を投資判断の指標に使うのは、理にかなっていると言えば、そうです。

株価だけが下落していても、それがどういう背景で下落しているか分かりづらいですからね。

それにみんなが不安がっている時にこそ、優良株はバーゲンセールとなります。

具体的に、このVIX指数と株価の関係を見てみると、より分かりやすいかもしれません。過去3年分くらいの関係をチャートにしてみました。

5

VIXが急騰しているところは、株価チャートが凹んでいるのが分かりますね。2020年の2~3月はコロナウィルスが世界中に蔓延した初期の頃で、一時的に70を超えています。株価が暴落したのは記憶に新しいはずです。

その後もちょくちょくと30超えは発生していて、最近では今年の2~3月にありました(ウクライナ情勢・インフレ・金利上昇)。

ただ、VIX指数が30を超えたからといって、全ての資金を突っ込んで良いわけではありません。当然、VIXがそれ以上に上昇することだってあるわけだし、大概そういう時は皆が不安なので、投資家自身も不安(持ち続ける不安・売りたくなる不安)に襲われます。

6

実際のところは、このやり方も慎重な判断が求められるようです。なので、最初のところにも書いてあったように、「少しずつ」買って行くのが良いのでしょう。

安くなったと思って買ったら、更に大きく下がった。なんてこともありそうなので、買う時もややストレスだし、買った後もストレスに見舞われそう。

このやり方でうまく行っているノミさんは、凄いと思いますね。私はちょっと無理かな、、、。

今日はVIX指数を参考にして投資している方を紹介しました。人それぞれに合ったやり方で、投資をやって行くのが良いと思います。


楽しい投資生活を。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

「年100回配当」投資術ー日本人が知らない秘密の収入源
マーク リクテンフェルド
APJ Media
2020-06-18