こんにちは。時短父さんです。

円安効果で資産が膨張して、ウハウハな気分となっている米国株投資家の皆さん、株価上昇による含み益と同じで、それは全部「幻」です。

水を差すようなことを言ってすみません。

以前にも書きました。含み益は「幻」だと。「幻」です。証券口座の画面上に表示されているだけの利益です。それはまだあなたの(私の)利益とはなっていません。

あなた(私)がその資産を売った時、初めて確定する(実現)利益となります。

米国株などドル資産を持っていた場合、株価上昇によって含み益がある時点で売った場合、その分だけ実現利益となります(税金考慮せず)。

100ドルで買った株式を150ドルで売ったら、50ドルの含み益が、50ドルの確定利益になります。まぁ、分かりやすいですね。

でも、円安効果ってどうなんでしょ?

1ドル=100円の時(懐かしい、、)に100ドルで買った株式があったとします。つまり10,000円投資したことになる。

その株価が150ドルになったら、50ドルの含み益は変わりません。売った場合の確定利益も50ドルのままです。円換算すると、5,000円の利益となります。ただし為替レートが変わらなかったら。

では1ドル=120円の時、つまり買った時に比べて20円の円安の時に、50ドルの含み益の状態で売ったとします。すると、どうなるんだ?

確定利益は、、、50ドルのままだよね(ドルベースでは)。

売っただけだと、あなた(私)の手元に届く利益は50ドルで、先ほどの例と変わりません。じゃ、20円の円安効果(合計で+1,000円分)って、どこで分かるの?

それは、その50ドルを円に替えた時。そこで、6,000円を手にする。当たり前と言えば、当たり前です。


つまり、ドル資産(米国株式)を売っただけでは円安効果は実現されない。円に替えて、利益としてあなたの元にやって来ることができる。そういう性質のものです。

本当の意味で、円安効果として利益を確定させるには、①株式を売って、②ドルを売って(円転して)、やっとなのです。

でも私たち長期投資家は、そんなに頻繁に、短期に利益実現させたいと思っている訳ではありません。だかそういう意味では、円安効果も、株価上昇に伴う含み益も、基本的にはすべて「幻」なのです。

そこあるように見えて、実は当面触れない(触らない)利益です。


だから、何が言いたいかっていうと、円安効果でウハウハなのは良いけど、円高になることもあって、その時は資産が一気に縮小して(目減りして)行くことを覚悟しないとね。

これは株価が下落するリスクがあることと同じです。

ほら、こんなことを書いている今のドル円は、122円台後半です。1~2日前は一時125円もあったのに、、、。幸い株価(主要指数)が上昇したので、資産額としては前日比プラスですけど、株安と円高が来た際はどうなることやら。

そういう時は、それこそ買いのチャンス!!ですね。

とはいつ円高・株安になるかなんて私には分からないので、いつも通り配当が入ったら再投資し、給料が入ったら証券口座に入金して、定期的に買い付ける。これを続けて行くしかないと思っています。


楽しい投資生活を。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

「年100回配当」投資術ー日本人が知らない秘密の収入源
マーク リクテンフェルド
APJ Media
2020-06-18