こんにちは。時短父さんです。

株式投資ではおおまかに言って、グロース株投資とバリュー株投資に大別できると思います。

前者は人気銘柄へ投資して、株価の値上がり益を狙うスタイルです。これは分かりやすいですね。買った時の値段より高く売れれば、勝ちですし、逆に安く売ることになれば負けです。

単に高く売るだけでなく、株価が2倍、3倍、時には10倍にまで成長することもあるのがグロース株投資です。株式投資の醍醐味と言っていいかもしれません。夢がありますよね~

【TSLA】株価チャート

一方、後者であるバリュー株投資は勝ち負けをはっきりさせるのが難しいです。投資に勝ち負けを付ける必要はないかのかもしれませんが、、。

バリュー株投資はグロース株投資と違って、値上がり益だけを狙うものではありません。主に、配当を受け取ることを目的として、割安となった銘柄に投資します。もちろん、値上がり益を狙ってもいいですが、株価上昇は期待できないです。というか、多くの投資家が期待していないからこそ、株価は上がらない。

バリュー株の難しいところは、株価が上がりにくいなかで、配当を受け取っているだけでは、その銘柄への自信が持てなくなりやすいところにあります。

株価

株価が上がらないだけならまだマシです。配当を受け取っていれば、トータルではプラスになります。それでも、バリュー株に投資したとはいえ、全く株価上昇を期待していないかといえば、きっとそれは嘘だと思います。心のどこかでは、「株価上がって!」と思っているでしょ?

もし買った時の値段よりも、株価がずるずると下がっていてたらどうでしょう。含み損が拡大している状況を想像してみて下さい。あなたは「配当を受け取っているから大丈夫」と言えますか?

言えるなら、そのまま保有し続けて良い思います。

そう言える自信がないのなら、どこかで損切なりして見切りをつけた方が無難でしょう。

グロース株なら配当なんか最初から期待していませんから、損切ライン(ルール)をはっきりさせられるでしょう。しかし、配当を受け取っているなると、含み損はあるけれど、配当を受け取っているからしばらく辛抱する、みたいなことになりませんか?

私はありました。というか、今でもそういう銘柄を保有しています、、。

株価

チャート

配当があるが故に、損失を出し続けているのに見切れない。こんなことに陥る可能性が高いのが、バリュー株投資です。

そこを分かった上で、バリュー株投資を続けるなら、それは結構なこと。当該企業のビジネスを信じて、信念を持って保有を続けて下さい。

まぁ、でも最近は利上げ予想の影響で、グロース株は低迷し、バリュー株が注目を集めています。なので、今はバリュー株に投資したくなると思います。

でも下を見て下さい。これは先日、Oxfordクラブのメルマガに掲載されていたチャートです。

3

バリュー株とグロース株の上昇率を比較したチャートです。これを見ると、バリュー株のパフォーマンスって、、、どうなの?と思いますね。

現在は特殊な状況によって、一時的にバリュー株が上昇しているに過ぎないと理解できると思いますし、今後バリュー株で値上がり益を期待するのは困難だと言わざるを得ませんね。

もう一度言いますが、それを分かったうえで、バリュー株に投資するのはありです。しかも、受け取った配当を再投資して、持株数を増やす。さらに多くの配当を受ける。という好循環が生まれれば、下手なグロース株を上回るリターンを得られるはずです。


楽しい投資生活を。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

「年100回配当」投資術ー日本人が知らない秘密の収入源
マーク リクテンフェルド
APJ Media
2020-06-18