こんにちは。時短父さんです。

退職金ぶちこみ太郎さん(ぶち子さん)が、昨日衝撃的なツイートをしていました。


1

「積み立てニーサ(SP500)を全て売却しようと思います。」

何っ?!!

あ、あの、S&P500インデックスを手放すだとー!!

「コロナの反動で大きくオールド銘柄は上がりました。」(それは分かる、、)
「最近の米国株はSP500に投資すればOKみたいな雰囲気がありますが、既に伸び代は少ないと考えています。」

確かに、S&P500に投資すればOKみたいな雰囲気で、(私も、他の投資ブロガーも)投資していますけど、それが個人投資家、一般人、庶民がそれなりの資産を築くには、手っ取り早いというか、近道というか、そういう王道的なものだったと思う。

なのに、それをバッサリと切り捨てるのか、、。個人的にはまだ理解ができない。ただ批判をするつもりはありません(絶対に)。

投資は個人の責任で行うものなので、他人がとやかく言うのは違うと思うから。私はただ驚いただけのこと。

それに、ぶち子さんは素晴らしい投資センスを持っていると持っています。アマゾン(AMZN)やマイクロソフト(MSFT)にガツンと投資していたり、夏場に高値を付けたビザ(V)を全て手放したり。

また保有株を担保に入れて、野村證券から資金を借り入れて、更に成長銘柄に投資するなんていう錬金術まで思い付いています。

だから、このS&P500を売却するという決断は、もしかしたら多くの個人投資家にとっても朗報なのかもしれません。あまり信じられないけれど。

反応は比較的好意的なようです。

2


さぁ、ぶち子さん、どんな手を打ってくるでしょうかね。非常に興味深いですね。

皆さんは、皆さんの判断と責任の上で投資をして下さいね。

楽しい投資生活を。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ