こんにちは。時短父さんです。

29日のニューヨーク株式市場は、先週末日の急落から一転して、買いが優勢となって、ハイテク株を中心に値上がりました。S&P500指数は1.3%高、ナスダック総合指数は1.88%高、ナスダック100指数は2.33%高でした。

S&P500のヒートマップはご覧の通り。緑色が優勢ですね。
SP500ヒートマップ(20211129)

皆さんはあの急落の最中に買いを入れられましたか?できた方、特にハイテク株を仕込めた方、おめでとうございます!

ただナスダック100は先日の急落分を取り返しましたが、その他は29日だけではまだ取り返せていないですね。じっくりやって行きましょう。

さて、30日ですが、今のところ先物は下落しています、、。あら?また下落?
主要指数

ダウ先物は555ドル(1.58%)安、S&P500先物も54ポイント(1.17%)安などとなっています。

急落後、急回復なんてうまく行かないですね。そんなもんでしょう。2020年2月-3月の暴落時も、大きく下がって、小さく戻し、また下がって、を繰り返して、何だかんで30~40%下落しましたからね。今回もあるのかな、、。

繰り返しますけど、下がったからと言って、ここで売ってしまおうとか思ったりしません。もしそんなことしたら、コロナショックとその後の株価上昇局面で経験したことを活かせていないことになります。

米国株の強さを信じるならば、どんな時も冷静に、淡々と買って行く。売らないで、がっちり保有して行く。この姿勢は変えない方が良いです。

株価が下落して、資産が減っていくのは見ていて辛いけれど、それはあなた一人じゃない。株式投資をやっている仲間だったら皆同じような状況になっている。そう思えば、少しは楽になれる。

それに、またしばらくしたら、株価は上がり、回復するんだからね。気長に行きましょう、そうだ、配当でも貰って気を紛らわせておきましょう。

楽しい投資生活を。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

もみあげ流 米国株投資講座
もみあげ
ソーテック社
2020-10-17