こんにちは。時短父さんです。

マイクロソフト株ホルダーの皆さん、朗報です!!

14日、マイクロソフトは取締役会にて12月の四半期配当を11%増配して、現行0.56ドルから0.62ドルにすると発表しました。

やりましたね!!

先日、同社からは配当を受け取ったばかりですが、もう次回の発表だなんて、素早い。しかも11%増配だってv( ̄∇ ̄)v

先に大切な情報を。支払日は12月9日、権利落ち日は11月17日です。

この増配の発表は14日の取引終了後にあったのですが、発表を受けてか時間外取引では株価が上昇しています。みんな待っていたんだね。

数日前にもマイクロソフトの配当についてお伝えしましたが、同社の配当は毎年10%前後の成長を続けてくれる、数少ない配当成長株の一つです。昨年の増配はわずかに10%を下回りましたが、今回は10%を上回ってくれました。

MSFT

配当だけじゃありません。この日、マイクロソフト取締役会は新たな自社株買いプログラムを承認しました。これによると、期限はないとのことですが、上限600億ドルだそうです。

600億ドル(約6兆6千億円)の自社株買いって、凄すぎる、、。

これも試算してみましょう。現在株価が約300ドルです。これを600億ドルで割ると、2億株です。2億株を買い戻してくれることになります。

ヤフーファイナンスによると、マイクロソフトの発行済み株式は約75億1489万株だそうです。2億株は全体の2.7%にあたることが分かります。

多くの人が欲しがるマイクロソフト株が、2.7%分世に出回らと、それだけ希少性が上がりますから、さらに株価が上昇します。

もしかしたら、2億株全ては買わないかもですね。株価自体が上がってしまえば、600億ドル使っても、2億株には届かないですし、「自社株買いします!」て発表するだけで、アナウンス効果がありますから。

ま、いずれにしても株主へのリターンは相当なものになるでしょうね。これからも期待しちゃいますよ。


楽しい投資生活を。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

配当成長株投資のすすめ 金融危機後の負の複利を避ける方法
デビッド・L・バーンセン
パンローリング株式会社
2020-08-08