こんにちは。時短父さんです。

突然ですが、皆さんは何等かの借金を抱えていますか?

借金と言っても、色々あると思います。カードローンや消費者金融だったり、教育ローン・自動車ローンだったり、クレジットカードの未払い残高だったり、住宅ローンだったりです。

借り住まいで、自家用車を持っておらず、支払は現金主義だったら、たぶん借金とは無縁の生活をされている方はいらっしゃるでしょう。

普通の感覚では、誰もが借金は持ちたくないはずです。後から返さなければならないお金は極力少ない方がいいし、周りからの目を気にする人は特にそうでしょう。

私も少し前までは同じでした。借金はしたくないし、借金があるなら早く返したいと思う方でした。3年前まではクレジットカードさえ持っていませんでした。支払は全て現金でした。

しかし、今はその考えが変わってきました。

私には、約6~7年前にウン千万円で購入した自宅のための、住宅ローンがおよそ1900万円分残っています(2021年6月末時点)。購入当初は2900万円でローンを組みましたので、これまでに約1000万円返済してきたことになります(頑張った!)。

返済開始初期の頃は、借金を減らしたいばかりに100万円単位の繰り上げ返済を数回行いました。今から思えば、もったいないことをしたなと。何故なら、残高が減れば、住宅ローン控除での還付額が減ってしまいますから。

下に我が家の金融資産(現金や株式など)・負債(住宅ローン)・純資産(金融資産-負債)の推移を載せました。特別公開ですよ!(笑)

金融資産・負債推移

2015年末時点では住宅ローン残高の方が圧倒的に多く、純資産は大きくマイナスとなっていて、-1600万円くらいの債務超過状態でした。自宅を買った時に、相当な現金を頭金として手放したことが大きかったです。

先ほども書いたように、当初は繰り上げ返済を頑張りました。2016~2017年にかけては、1年でローン残高は300万円超減少しました。

この頃だったかな。株式投資を始めてみようと思ったのは。稼いできたお金を、借金返済のために使うだけだと、借金のために働いているようでマインドが暗くなったんですよね。

それよりも投資をして、(毎月の返済はしながらも)資産を増やすことに集中してみよう!と思うようになったのです。

確かにこれは理にかなったことなんです。住宅ローンの金利は1%未満です。負債は1%未満でしか増えません。一方で、例えばS&P500インデックスファンドに投資すれば、毎年6~7%で資産の成長を享受できる可能性が高い。単純計算すれば、このスプレッド分だけ資産は増えて行くことになります。

特に住宅ローン控除が適用される期間であれば、尚更増やすことに集中した方が良かったんだなと思います。5年前に繰り上げ返済した数百万円を、S&P500に投資していたら、今頃はいくらになっていたのかと思うと本当に悔しいです。繰り上げ返済の効果より確実に大きいです。

株式投資をしてきたことで、金融資産は順調に増えてきました(特にここ1年間は)。そして6月末時点は、純資産が住宅ローン残高に並ぶ一歩手前のところまできました。つまり負債の2倍の金融資産を手にしていることになります。

こう考えると、(高金利な借金は別にして)借金を早く返そうとする必要なんてないなって思いますね。借金を抱えたままでも悪くないんじゃないかって思います。

借金はしなくて良いなら、する必要はありません。でも多くの庶民が住宅ローンを抱えているのなら、こういう考えもありじゃないかなと思うわけです。

それでも早く返したいですか?


楽しい投資生活を。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ



住宅ローンで「絶対に損したくない人」が読む本
千日 太郎
日本実業出版社
2020-01-30