こんにちは。時短父さんです。

今年もまたあれが自宅にやって来ました。いつもこの時期になると、郵便受けを見るのが怖いです。「あれ」とは何か?

これです。
↓↓
2大負債

一つは「自動車税(種別割)納税通知書」。都道府県から送られてくるやつです。もう一つは、「固定資産税・都市計画税納税通知書」。こちらは市町村から送られてきます。

皆さんのところにも届きましたか?持ち家でなくて、車も保有していなければ、縁のないものかもしれませんね。時短父さんはかれこれ7回目くらいの受け取りですかね。

私はこれらの納税通知書を毎年手に取ると、いつも思うのです。またこの季節かぁ・・・。なんてカネのかかることだろう・・・と。

そりゃそうです。マイ・カーとマイ・ホームは人生において大きな出費を伴う負債の一つです。他にも保険とかもそうかな。

まぁ、ここで言う「負債」とは、ロバード・キヨサキ氏の『金持ち父さん貧乏父さん』シリーズに出てくる定義によるという意味なんですけどね。そこでは「資産」とは「ポケットにお金入れてくれるもの」で、「負債」は君の「ポケットからお金を取っていくもの」となっています。

マイ・カーとマイ・ホームは、私のポケットからお金を取っていくものなので(少なくとも入れてはくれないよね)、負債ということになります。通知書の名称に「固定資産」が含まれていたとしても、実際のところは負債なのですよ。

私のポケットからお金を取って行く頻度と規模としては、マイ・カーは月に数回の給油で数千円、2年に一回の車検で十数万円(今年は車検なのです・・・)、自動車保険関連で毎月数千円(年払い)、今回の自動車税は年に一回で約3万5千円。

マイ・ホームでは、住宅ローンを毎月8万円くらい返済しています。それにこの固定資産税・都市計画税で約17.5万円(年払い)ですかね。今後は外壁塗装など修繕費を考えないといけませんね。

うーん。マイ・○○というのは何かとお金が掛かります。

せっかくのマイ・カー、マイ・ホームを負債とだけ考えていても、さすがにマインド的に参ってしまうので、少しはプラスに考えたいなと思っています。

例えば、形には残らないけれど、子供や家族と過ごす時間・空間を提供してくれる資産と考えてみる。子供の成長は早いです。一緒に過ごす時間なんて実はあっという間。そんな時間を楽しく、充実したものにするにはそれなりの場所や空間が必要であって、それをマイ・カーやマイ・ホームが提供してくれていると捉えてみると、少し違って見えるかもしれません。

金額(納税額や維持に必要な経費)だけのことを言うなら、これらを払うのが怖いというのは、収入や資産規模に対しての比率が高いから、そう思うのです。それなら、収入を増やしたり、資産規模を大きくしたりすることで、比率を下げてやればいいのかなと思います。納税額や経費を下げるのはなかなか難しいですからね。

収入や資産は簡単に増やせないと思いますか?そうですね。働いていて給料を貰っているだけでは難しいかもしれません。でも、資産運用をしている方にとっては、それほど難しいとは感じないと思います。納税や必要経費は、資産運用の増加分や配当収入で十分賄えるよ、なんていう状態になったら、気分はとても楽になりますね。

せっかくのマイ・カー、マイ・ホームですから、マイナス面だけを考えるのではなく、マインドをどうにかプラスに持っていければいいと思います。


今日もポチをお願いします。
↓↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ



家なんて200%買ってはいけない!
上念 司
きこ書房
2016-01-30