こんにちは。時短父さんです。

皆さんにはお子さんがいらっしゃいますか?お子さんがいらっしゃるご家庭のお金の悩みの一つと言えば、将来の教育費ですよね。小学校から私立に入れる特別なご家庭は別として、一般的な庶民は高校だったり、大学だったり、高等教育から特にお金が必要になってきます。

高校だと授業料の実質無償化みたいな制度もあるので、実質的には大学ですよね。年間100万円単位の支払いが必要になるのが普通です。それに大学の授業料って値上がりし続けているとも聞くし。ある調査では入学金・4年間の授業料で667万円とのこと。

お子さんが一人なら、まだなんとかなるかもって思っても、二人、三人といたら、想像しただけで、、、です。時短父さんには2歳差の子供が3人がいます。一人が大学に4年間通ったら、単純に667万円掛かり、三人ならその3倍です。2000万円は必要ってことです。平均的に見積もって2000万円です。

こりゃ大変なことです。そんな簡単に2000万円も用意するのは無理です。幸いなことに、一括でその額を支払う必要はありません。毎年、200~350万円の支払いで済みます。っていうても、まとまった額には違いないですけど。

だからお子さんが生まれた時からコツコツと資金を積立ておくのが良いのです。分かってますよね。そんなこと。すみません。積立の仕方は貯金だったり、学資保険だったり、ジュニアNISAを使ってインデックスファンドを積み立てたり、いろいろあると思います。

時短父さんは、貯金とジュニアNISAでの積立を併用しています(保険は買いません)。貯金はベースとなる金額(例えば100万円)以上は貯めず、後は全てジュニアNISAへ移しています。ジュニアNISAでインデックスファンドを積み立てる理由は、複利効果が期待できるからです。

現在4ヵ月に一回児童手当を受け取っていますが、それらは全てファンド積立に回っています。プラスでいくらか給料から回して月2万円ずつファンドを買っています。そうすると、なんとか一人667万円はクリアする計算なんです(詳しくはこちらの記事をどうぞ)。

いや、待てよ。年間200万円くらいなら保有する米国株の配当で何とか賄えないか?まだ年間配当は40万円程度ですけど、毎年増えていますし、一番上の子が大学入学するまでにまだ10年前後あります。現在の2万円ずつ(計6万円)買っているファンド資金を、全て高配当株につぎ込んだとしたら、年間配当の増加ペースは早まります。

現在毎月20万円入金しているところを、26万円にするってことです。単純に毎月26万円を10年間入金し続けたら、3120万円になります。20万円の時(累計2400万円)と比べると720万円の差です。現在の資産額1600万+3120万円=4720万円となり、10年分の累積配当をざっくり足すと、5000万円を超えるくらいにはなるでしょう。

資産額5000万円で、配当利回りが5%なら年間配当は250万円に、4%でも200万円に、3%でも150万円なります。それなら、わざわざジュニアNISAで積み立てなくても、いいんじゃないの?って思いますね。年間配当が150万円もあれば、一人分の授業料くらいは払えますよね。配当で大学授業料を賄う。できなくはなさそうだし、なんかかっこいい。

でも止めた方がいいかも、と思う訳です。
個別株は自分の楽しみとしての投資です。これに子どもの教育費用の資金をつぎ込むべきではないと思います。お金に色はないのですが、出所の違うお金でも、同じ口座に入れてしまうと、線引きができませんから、ここは区別しておいた方が良い。

それに配当株のリスクは、やはり減配・無配です。想定していた通りに行くとは限りません。それよりかは、インデックスファンドで積み立てておく方が、リスクを分散させるという意味でも無難なのかなと思います。

子どもの学費ですからね。親が理性的に運用していってやらないと、さすがに子どもがかわいそうです。子供たちの夢や希望を叶えるための機会を提供してあげるのが、親・大人の務めですから。

今日もポチをお願いします。
↓↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ



父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え
ジェイエル・コリンズ
ダイヤモンド社
2020-01-23