こんにちは。時短父さんです。

皆さんは投資や市場動向に関する情報をどこから手に入れていますか?日経新聞?モーサテ?ブルームバーグ?モトリーフール?Oxfordクラブのインカムレター?もしくはブログ?もしこれらをやっているのだとしたら、もう一つ加えてほしいものがあります。それは、、、

野村證券が発行している『米国株式の投資環境』です!!リンクはこちら

これ毎月出ているのか、隔月なのか、良く分からないんですが、2月15日に最新版が発行されました。このレポートは簡単にいうと、野村證券が顧客向けに米国株式の魅力と現状を伝えるためのものです。だから基本的なことが結構多く載っていますので、米国株投資を始めたばかりの方は勿論のこと、投資に慣れた方でも現状や市場予想がどうなっているかを把握するには使えるツールだと思います。

主な掲載項目としては、S&P500指数と米長期金利について、米国経済の見通しについて、米企業業績について、ナスダック総合指数について、セクター別EPS前年比増減益率について、などなど。

それと、何故かソフトウェア企業、ITサービス企業、CRMソフトウェア関連企業、カード決済関連企業、クラウドコミュニケーション関連銘柄など、ハイテク銘柄の株価チャートだけ載せていて(全31頁中7頁を割いて)、米国株の勢いを印象付ける構成となっていることには注意が必要と思います。

ただ今日ここでご紹介するのは米企業業績についてと、セクター別EPS前年比増減益率についてです。

米企業業績は四半期ベースと年度ベースで分けて説明されています。S&P500指数構成企業の四半期EPSの前年同期比増減益率の推移では、2021年の四半期毎の利益増減率が載っています。これによると、1-3月は+14.8%、4-6月は+45.7%、7-9月は+12.6%、10-12月は+22.6%と予想されています。全て2桁成長ですね。とはいえこれは前年比。20年は19年比で全四半期マイナスでしたから、これは当然かもしれません。

21年の4四半期のなかで、最初の3四半期予想は、12月発行レポートの予想より3~5ポイント減少(下方修正)されているのですが、唯一10-12月は10ポイント上昇しています。これは当初予想よりも20年の10-12月業績が良くなかった(19年比で-6.5%)からということでしょうか、、、。

前年比増減益率で見ると難しいですが、実際のEPSの推移は増加傾向にあると予想されていることには変わりありません。今年の夏場には19年と同じ水準の利益になるだろうとされているのが分かりますね。
【野村證券】2月レポートより(四半期EPS)

ちなみにこれも12月発行レポートからやや修正が入っています。1-3月は+1.26、4-6月は+0.75、7-9月は+0.86、10-12月は+2.00で、合計+4.87と上方修正されていますね。またグラフ上の四半期EPSを単純合計したら2020年は142.60、2021年は173.65なので、21%増益予想となります。

さらに22年の業績予想は200.41ドルとなっており、一段の業績改善が続くとされていますので、心強い限りです。これは20年比で42.5%増、19年比でさえも23%増の水準です。

投資家にとって気になるのは株価ですが、21年の予想、22年の予想に、株価収益率(PER)を掛けてみたら、だいたいのことは予想できるんじゃないでしょうか?2月12日時点のS&P500の予想PERは22.4倍でした。

続いてはセクター別EPS前年比増減益率についてです。ここではセクター毎のEPS増減率がランク付けされています。21年予想の伸び率1位は資本財・サービス(+71.1%)、2位一般消費財(+49.4%)、3位素材(+32.8%)などとなっています。4位以下も含めて、12月レポートと順位変動はありませんでしたが、資本財・サービスと一般消費財は伸び率が鈍化となる一方で、素材は4ポイントほど上方修正されました。

また22年の予想ではエネルギーが1位(+66.6%)、2位は資本財・サービス(+35.0%)、3位は一般消費財(+31.3%)などとなっています。20年はエネルギーが大幅に減益となりましたが、21年は回復の見込みが立っているので、伸び率1位とのことです。ただ前回レポートでは+101%だったので、下方修正されています。

そして12月レポートではなかった23年の予想が掲載されています。1位は資本財・サービス、2位は一般消費財、3位に金融が食い込みました。
【野村證券】2月レポートより(セクター別EPS)

こうやって見ると、中期的には資本財・サービスや一般消費財が強い傾向を示しています。これはおそらくバイデン政権の大規模経済対策の効果に伴う、景気回復のシナリオを反映させたことが影響しているのだと思います。

あくまで予想で、何があるか分かりませんけど、このシナリオに乗っかっておけば、間違いはないのかなって思っています。


今日もポチをお願いします。
↓↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ