こんにちは。時短父さんです。

有名ビジネス雑誌Fortune誌ってのがあると思います。この雑誌は様々な企業のラインキングを公表しているのですが、その中でWorld’s Most Admired Companies(世界で最も称賛される企業)ランキングというのを発表しています。その2021年版が公表されました。

これは企業の上級幹部や取締役、金融アナリストら3,800人に調査し、高い評価を得た企業を「ビジネスリーダーが最も賞賛し、注視している企業」と位置づけ、毎年選出しているものです。評価項目としてはイノベーション、人材マネジメント、企業資産の使用、社会的責任、マネジメントの質、財務健全性、長期投資の価値、製品・サービスの質、世界的競争力の9項目です。

まぁ予想はしていたことですが、米国の超有名・優良企業だらけで、100社のうち7割以上が米国企業でした。ちなみに日本企業では31位にトヨタ自動車、68位にANAホールディングス、95位にブリジストンが入っていました。

で、100社のうち堂々の1位はアップルです。全ての評価項目で1位でした。1~10位は以下のようになっていますよ。
1-10位

見づらかったらすみません。2位 アマゾン、3位 マイクロソフト、4位 ウォルト・ディズニー、5位 スターバックス、6位 バークシャー・ハサウェイ、7位 アルファベット、8位 JPモルガンチェース、9位 ネットフリックス、10位 コストコ・ホールセールです。

このランキング自体を評価したいわけじゃないので、詳しいことは書きませんが、そのランキングを見て私惚れ惚れしてしまいました。いやだって、時価総額ランキングとか、もっともリターンの高かったランキングとか、ナスダック100指数の上位企業とかを見ているようじゃないですか(厳密には違います)。

この辺の企業に投資していれば、まず間違いなく私の(あなたの)資産を増やしてくれていましたよね。上位企業を見ているだけで幸せになりませんか。あ、でも気付いたことがあります。上位10企業のうち、私が個別株で保有しているはマイクロソフト1社だけ。そりゃそうです。時短父さんの保有銘柄は不人気銘柄が多いですからね。ランキング上位に食い込むのは難しいかもです。

それでも他の保有銘柄だと、15位にジョンソン&ジョンソン、21位にプロクター&ギャンブル、22位にコカ・コーラ、24位に3M、36位にビザ、41位にIBM、79位にAT&Tが入っていました。マクドナルド、ベライゾン・コミュニケーションズ、クラフト・ハインツ、フィリップ・モリス、エクソン・モービルはランク外でした。

皆さんの保有銘柄は100位以内にランキングに入っていましたか?ランクインすることが目的ではないですが、世界的企業の上級幹部や取締役、金融アナリストの視点がどこを向いているのか把握するいう意味では、投資対象を選定する一つの評価項目として有益かもしれないですね。そう考えると、タバコ会社や化石燃料企業が入っていないのは理解できます。


今日もポチをお願いします。
↓↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

Think Simple ―アップルを生みだす熱狂的哲学
ケン・ シーガル
NHK出版
2012-07-31