こんにちは。時短父さんです。

時短父さんは投資方法やその投資哲学、投資銘柄に至るまで、何かと有名米国株投資ブロガー(兼Youtubuer)のバフェット太郎さんの影響を受けています。当然に著書は『バカでも稼げる「米国株」高配当投資」は持っています。あの方がいなかったら、時短父さんも投資をしていなかったでしょうし、ブログもやっていなかったでしょう。だから私はあの方にある意味感謝しています。

そのバフェット太郎さん、先日の投稿記事で1月の資産額が7486万円だったことを報告していました。7486万円!!その資産額の多さに驚くところではありますが、それよりもさらに凄いのは昨年10月以降新規の入金をしていないこと。その理由は預り金(証券口座内の現金)を消化するため、だそうです。
4
(ブログ『バフェット太郎の秘密のポートフォリオ』より)

私なんか、預り金がいつも底をつきそうで、ひやひやしながら毎月入金し、毎回(月2回)買付をしているのに、彼は現金を「消化」したいって、、、。入金しないのに、買付を継続できているは、毎月配当金が20万円ほど入ってくるからだそうです。マジで羨ましい。

バフェット太郎さんの資産額は7486万円。時短父さんの資産額は1300万円。ざっと5.7倍の差があります。これ見るとバフェット太郎さんの背中はまだまだ遠いなぁって思いますよね。でもね、この1年ちょっとの間で少しずつでも確実に距離を縮めているんです。

2019年10月時点での資産額はバフェット太郎さんが7260万円、時短父さんは985万円でした。資産額の差は7.3倍でした。そこから先月末まで、バフェット太郎さんは226万増加した一方で、時短父さんは315万円増やしました。あれ?バフェット太郎さん、そんなもん?増加率にすると、よりはっきりしますよ。前者は3%増ですが、後者は32%増です。

資産額の差はまだ圧倒的に開いてはいますけど、過去1年3ヵ月間では資産額の伸びは時短父さんに軍配が上がっているようです。何故だ?私は含み損抱えているクラフト・ハインツやエクソン・モービル、JTがあるし、メーシーズは損切したくらいです。先ほども述べたように基本的な保有銘柄は似ています。違いはビザやマイクロソフト、VOOなどETFを組み入れている点でしょうか。

バフェット太郎さんが新規の入金を止めていて、かつこれまでの資産額の増加率を加味すると、時短父さんが彼に資産額で追いつくのは不可能ではなさそうに感じます。数年後には追いつけるかな?

あの方は投資知識、情報量、ブログ記事の質やYoutubeの内容(私はやっていません)、配当金、資産額などほぼ全ての点で私を大きく引き離しているので、何か一つでも追いつけたら嬉しいのです。目標に近づいた気がして。

いやちょっと待て。バフェット太郎さんは毎月20万円も配当を受け取っていて、それを全額再投資しています。年間240万円以上はほぼ確実に増えて行く計算です。それに対して時短父さんは、新規入金を毎月20万円、配当をは昨年34万円でした。

仮にバフェット太郎さんが毎年240万円ずつ、私が多く見積もって300万円ずつ、それぞれ資産額を増やして行ったとしましょう。つまり60万円ほど時短父さんが多く増やすと仮定します。

残念ながらそれであっても、私が彼に資産額で追いつくのはなんと104年後、、、。もう彼も私もこの世にいないでしょう。ちなみにその時の資産額は3億2500万円です(笑)バフェット太郎さんが配当を受け取り続ける限り、私があの方に追い付くことはほぼ不可能だということが分かりました。

だからといって、追いつくことを諦めるつもりもないし、投資を止めるつもりもない。ブログも止めません。はっきりとした背中が見えますので、私はこれらを続けて行くつもりです。


今日もポチをお願いします。
↓↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資
バフェット太郎
ぱる出版
2019-01-24