こんにちは。時短父さんです。

お子さんをお持ちの親御さんだったら、自分の子供により良い教育を受けさせたいと願うのは共通していると思います。何がより良い教育なのかは人それぞれでしょうが、一般的には大学まで行かせてあげられれば、ひとまず親の役目は果たしたと言えるのか。

にしても、大学に通わせるためにはやはりお金が掛かります。それが親にとっての悩みの一つでしょう。少し古い調査ですが、平成(懐かしい響き、、、)27年度に日本政策金融公庫が調べたところによると、授業料を除いた大学の入学費用(入学金、寄付金、受験料、併願校への納付金等含む)の平均は102.6万円。国公私立別では、国公立81.9万円、私立文系で106.7万円、私立理系で106.0万円だそう。

在学費用(授業料、通学費、教材費、塾・習い事等含む)は、1年間で141.1万円。国公私立別では、国公立93.9万円、私立文系で142.2万円、私立理系で178.0万円でした。在学期間は4年間として564.4万円、それに入学費用102.6万円で、合計667万円です。

これをどうやって作るかですよ。当然に大学在学中に毎年100万円も200万円も収入から消えていったら、家計が回らなくなります。その時に今の仕事がどうなっているかなんて分かりませんし。なので、予めコツコツと貯めておくしかない。

じゃ、どう貯める?という話になるわけですが、私は児童手当を原資にして積立投資することをお勧めしたいです。何故、児童手当か?児童手当はお住まいの自治体によって若干の違いがあるのかもしれませんが、時短父さんが住んでいる市では3歳未満は毎月1.5万円、小学生~中学生が毎月1万円の支給となっています(所得制限あり)。

平均年収のサラリーマンなら所得制限に引っかかることもありません。すると、子どもが中学を卒業するまでの15年間で198万円(月平均1.1万円)も支給されるのです。これを使わない手はないですよね。でも200万円弱じゃ、とても足りません。大学費用を賄うなんてできません。

そこでS&P500に連動したインデックスファンドなどで運用してみたらどうでしょう。S&P500は平均して毎年6~7%の成長しています。
4

もし毎月1.1万円を15年間、年率7%のリターンで運用したら、約348万円になります。これだとまだ足りません。でも大学入学まであと3年あります。なので、児童手当は出ませんが、それ相当額を3年間継続積立してみましょう。すると473万円まで増やすことができます。でもまだまだですね。

児童手当(またはそれ相当分)だけでは難しいことが分かりました。ではいくら積み立てたらいいのか?ざっくり言うとプラス9千円して毎月2万円です。毎月2万円を7%リターンで15年運用したら、最終積立額は約634万円になります。すると、平均費用の667万円とほぼ近くなります。

もしさらに3年間続けたら約861万円になり、平均費用を軽く上回りますね。私立理系にも進めるくらいの額に増えます。
一覧

一応言っておきますが、S&P500に投資すれば資金が欲しい時に確実に手に入る訳ではありません。投資なので当然リスクがあって、資金が欲しい時に市場が大きな混乱があるかもしれません。資産が目減りしている可能性もあります。なので、現金を確保しつつも、投資で増やす、そんなやり方が現実てきなのかもしれません。

大事なお子さんの夢や希望を壊さないためにも、親がより現実的に、そして堅実にやっていく必要があると思います。

今日もポチをお願いします。
↓↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ