こんにちは。時短父さんです。

今からちょっと小難しい話をします。

投資では「資産を買う」とか、「資産を増やす」とか言いますよね。資産を増やすために、投資を行う(資産を買う)ことを投資と言ったりもします。

では「資産」て何なんでしょう?あなたにとって「資産」とは何ですか?

ウィキペディアにはこう書いてあります。「資産(しさん、英: assets)とは、会計学用語であり、財務会計および簿記における勘定科目の区分の一つ。会社に帰属し、貨幣を尺度とする評価が可能で、かつ将来的に会社に収益をもたらすことが期待される経済的価値のことをいう」って。

私も簿記や会計を勉強していたことがありましたから少し分かりますが、確かに資産は勘定科目の区分にあり、最も基本的な概念の一つです。気になるのは、次の「会社に帰属し」という箇所。簿記や会計の話であれば、その通りでしょう。しかし資産を広く考える、もしくはより一般的にかつ平易に捉えるなら、会社に帰属すると限定してはいけないような気がします。あとに続く「会社に収益をもたらす」云々もそう。

いや、何が言いたいかって、資産は会社にあるものだけじゃないよってこと。私やあなたの身の回りにあるものも資産(将来的にあなたに収益をもたらすと期待される経済的価値)になり得ると思っています。というか、実際そう。

著名な『金持ち父さん・貧乏父さん』シリーズでは、資産は「君のポケットにお金を入れてくれるもの」と分かりやすく定義されています。それを持っていたら、ほとんど何もしなくてもどんどんポケットに実際にお金が入ってくる、お金を入れてくれるもの、それが資産です。金持ち父さんはキャッシュフローインを重要視していました。

逆に「負債」。これは「君のポケットからお金を取っていくもの」と定義されています。持っていたら、どんどんお金が減っていくもの(キャッシュフローアウト)、それが負債です。

大事なのは資産と思って(信じて)負債を買わないこと、真の資産を買うことだそうです。これが言いたいのは、資産と負債は表裏一体なんだということです。普通、資産と負債は全然違うじゃん!って思いますよね。

でも違わないんです。企業の財務諸表の一つであるバランスシートをイメージして下さい。資産は左側(借方)にあって、負債と純資産(←これはちょっと無視)は右側(貸方)にありますよね。でこの2つ(資産と負債)は隣同士・基本的にはバランスしています。

企業の場合、資産には現金、建物・土地、機械、商品などがあります。これらが会社にキャッシュフローインをもたらしてくれるからです。一方、これらの資産を揃えるために、元手となる資金が必要です。この資金の調達先を表しているのが負債(借入など)や純資産(自己資金)にあたります。

資産が順調にキャッシュフローインを企業にもたらしてくれれば、これは文字通り資産となるわけです。しかし、もしそうでなかったらどうでしょう。思ったほど会社にキャッシュが入らない、稼げない資産だったら、、、。資産を持つには費用が掛かり、時には多額のキャッシュフローアウトが生じます。

例えば航空機。航空会社にとって貴重で重要な資産の一つです。そしてとても高価なものです。通常航空会社は航空機を買う際に借入を行っています。順調に旅客が乗ってくれば、航空機は資産でしょう。しかし(コロナ禍のように)旅客がいなければ、維持費が莫大なものとなり、たちまち負債に化けるのです。

じゃ、家計の場合はどうでしょう。持ち家を資産と思って買う人がいます。これは本当に資産でしょうか?結論からいうと、ほとんどの場合資産ではないと私は思います。住宅ローン、修繕費、固定資産税(資産じゃないと思っているのに、資産税と名付けられているのが気に食わない)、見えないところでは持ち家に合わせた生活スタイルの維持や家具類の調達費用など、キャッシュアウトが続きます。

持ち家の一部をうまく活用してキャッシュフローインを生み出せば、それは資産になるかもしれませんが、実際それをやっている家庭はそう多くないでしょう。

自家用車もそうです。ガソリン代、車検代、各種税金などなど。維持費がバカになりません。まぁ、車を趣味にしている人を否定する訳ではないので、誤解のないように。ただ、資産だと思って買ったら、それは違うよ言いたいだけです。

では本当の資産て何なんでしょう。土地(不動産)ですか?株式ですか?まぁ、そうかもしれません。しかし、ちょっと曖昧な答えかもしれませんが、資産は人の捉え方によってそれぞれ違うのだと思います。

私は株式を資産と見なしますが、不動産を資産と見なす人もいる。持ち家を資産と見なす人もいれば、私はそれは違うと思う。というように、見方や捉え方によって、資産かどうかは変わります。

ある高配当銘柄を例にとりましょう。この銘柄は配当利回り7%であり、年間で株主に一株当たり154円の配当をもたらします。一方、過去5年間で株価は半値以下になりました。株価を気にせず配当を重視する場合、この銘柄は資産になり得ます。しかし、配当より株価を重視するなら負債になるでしょうね。

人に対しても言えます。キャッシュを稼ぐ人は資産と見なされ、キャッシュアウトをもたらす人は負債と見なされます。企業においてだったら、後者は人員整理の対象になるでしょう。

で、最近妻が私にプレゼントをくれました。それがこれ。

chair

椅子です。最近、自宅でのリモートワークが増えて、かつフルタイム勤務に戻ったので、椅子に座る時間が伸びました。これまではクッション性のない椅子で、長時間座ると疲れるのです。それを知った妻が私にこの椅子を買ってくれたのです。

ちょっと見方を変えると、これは妻の私に対する投資です。身体に優しく、でも頑張って働いて、稼いできてね、というメッセージです(笑)私を「資産」と見なしてくれているようです。感謝、感謝。私もこの椅子を資産として有効活用し、私自身が最高の資産になれるよう努力する次第です。


今日もポチをお願いします。
↓↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

金持ち父さん貧乏父さん
シャロン・レクター(公認会計士)
筑摩書房
2000-11-09