こんにちは。時短父さんです。

2020年はコロナウィルスの大流行でエネルギー関連株が軒並み大打撃を受けたことはご承知の通りです。人々が外出や旅行をしなくなり、ガソリン需要は激減、航空機は運航をストップせざるを得なくなりました。そのため大手石油メジャーを始めとするエネルギー株、例えばエクソンモービルは年初に70ドルだった株価は、年末には41ドルまで下げました(これでも回復した方で)。

しかし様々な投資情報サイトを見ていると、2021年は昨年売られ(過ぎ)た銘柄たちが買われるだろうと言う専門家が多くいることが分かります。おそらくエネルギー株もそうなんでしょう。1月2日配信の「モトリーフール(米国版)」の記事で、『3 Energy Stocks to Buy for 2021』というのがありました。『2021年に買うべきエネルギー株3銘柄』とでも訳しましょうか。

私もエネルギー株の一つ、エクソンモービルを保有しているので、非常に気になります。この3銘柄に入っているのかな?入っているといいな。

1.シェブロン(CVX)
1つ目は石油メジャーの一角であるシェブロンです。筆者によると、2021年に買う銘柄としてシェブロンより優れているエネルギー株を見つけ出すのは困難だとしています。太陽光エネルギー株はかなり割高になっていたり、フィリップス66のような大打撃を受けた精製事業者はバーゲン価格で取引されています。

しかしシェブロンは納得感のある価格で取引されているようです。まずシェブロンは連続増配年数32年を誇る配当貴族銘柄です。配当利回りは6%を超えているものの、年間を通して30%減少しました。つまりこれは株価が回復したことを意味し、投資家にとっては投資を検討するに値する水準です。

シェブロンは昨年秋にダウ平均株価の採用銘柄入れ替え時に残った唯一のエネルギー株ですよね。残念ながら私が保有するエクソンはダウ平均から外されました、、、。

シェブロンの強さはバランスシートの岩盤のような硬さです。長期負債と負債比率が最も低いレベルとなっています。実際4年間で34億ドルの長期負債を減らしていますし、総資本に占める負債の比率は38%(エクソンは45%)となっています。負債が少なけば、それだけ借入時の金利が安くなるので、財務戦略に柔軟性を持たすことが可能になります。シェブロンがノーブル・エナジーを取得したのはそういった背景があります。

シェブロンの業績は前年比では悪化しているものの、回復はしてきています。これはWTI原油先物価格が35~40ドルであれば、なんとかやっていけることを示しています。WTIは50ドル近辺まで上昇してきており、40ドルでうまくやっていけるシェブロンにとって、50ドルは素晴らしい価格と言えます。

2.クリアウェイ・エナジー(CWEN)
2つ目はクリアウェイ・エナジーです。聞いたことあります?私はありませんでした。同社は再生可能エネル ギー、従来型エネルギー、および熱インフラプロジェクトの保有、運営、取得に従事し、天然ガス、デュアル火力、太陽光、風力による発電および配電サービスを提供しています。

クリアウェイ・エナジーの株価は2020年、20ドル⇒31ドルまで上昇しました。配当株だという認識はあまりなかったのですが、認識を改めたいと思います。配当利回りは3.9%あり、増配の傾向もあります。2020年はなんと3回も四半期配当を増やしました。

配当だけではありませんよね。バイデン大統領誕生によって、化石燃料から再生可能エネルギーへのシフトまたは大規模な投資が発生する見込みです。これはOxfordクラブでも盛んに宣伝されていますね。太陽光を始めとした再生可能エネルギー関連株は今年のキーワードとなりそうで、株価の上昇も期待できるエリアの一つです。

3.トタル(TOT)
最後はフランスのエネルギー会社であるトタルです。残念、エクソンは入っていませんでした。

先ほどのシェブロンと同じ様に、従来型のエネルギー会社にとって2020年は深刻な年でした。原油、天然ガスなど資源価格が暴落し、エネルギー会社を直撃したからです。しかし筆者は2021年フランスのトタルをピックアップしました。

トタルは脱炭素へのシフトにおいて、これまでも取組を続けてきました。再生可能エネルギーや電力分野で積極的な事業ミックスを計画しています。2030年までに「電子」分野のビジネスを3倍にする、天然ガス分野を25%まで拡大させるとしています。そして経営陣はコロナ禍においても現行の配当水準を維持することに断固とした姿勢をとっています。

トタルの株価は2018年から33%下落し、現在配当利回りは7%を超えています。トタルは厳しいエネルギー産業で戦っていますが、新たなな分野にも果敢に挑戦しており、行く末を楽しみにしている、と筆者は書いています。


今日もポチをお願いします。
↓↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


「年100回配当」投資術ー日本人が知らない秘密の収入源
マーク リクテンフェルド
APJ Media
2020-06-18