こんにちは。時短父さんです。

先日、約3年半続けてきた時短勤務を止める決断をしました。本当に不甲斐ないし、不本意ではあるのですが、いろいろ考えた末のこと。会社(上司)にその旨伝え、了承され、所定の手続きを終えました。来年1月からフルタイム勤務に戻ります。

何故、時短勤務を止めるのか?

そりゃ、理由を挙げたらいくらでも出てきます。
一つは経済的な事情。コロナ禍で会社の経営が危うく、ボーナスも出せずにいて、我が家の家計を直撃しているのは事実。この状況はそう簡単に元に戻りそうもありません。

従業員の年収が大きく下がることを念頭に、会社は「副業解禁」だなんて言っていますが、個人的には時短勤務で減らされていた毎月の給料を、元に戻すことが手っ取り早く手取り収入を増やす方法です。これで一時的な凌ぎにはなると思っています

いや、でもその分長く働くからね、、、3年半で身に染みた時短勤務の生活リズム、身体的なサイクルから抜け出せるか分からないよ(笑)たぶん最初のうちはめちゃめちゃ疲れるだろうね。

時短勤務を止める理由のもう一つは、時短勤務だと他部署に異動できなさそうだから。まぁ、時短勤務だからって、他の仕事ができないわけじゃないんでしょうけど、残念ながら時短の社員が働ける部署に限界があるのは事実。

もう今の職場には6年間もいて、ベテラン領域に入ってきました。10年以上居座っている「神」みたいな存在の人たちもいますが、正直ああはなりたくない。そろそろ出たい。そして別の仕事をしてみたい。出た先の仕事がフィットするかは分からないけど、会社を違う角度から見るってことは大事なので。

転職する勇気もスキルもないしね。しばらくこの会社に留まることになるでしょうから、それなら他の部署い異動して経験を積むのもありかなと思う訳です。

まぁ、他にも時短を止める理由はあるけど、全部書くのは止めます。

フルタイムに戻った時に心配なのは、やはり家族ですね。今まで毎晩、家族全員でご飯を食べていたのに、急に帰りが遅くなるので、子供たちには戸惑いが生じると思います。寝付いた後に、私が帰宅することも増えるでしょう。でもしっかり話してやれば、大丈夫かな。妻にも家事や育児の面で負担を掛けることになりそうです。できることはやります。

時短勤務を止めるとは言ったけれど、もし本当にいろいろヤバくなったり、ボーナス出せるくらいまで業績が回復したら、それこそまた時短勤務に戻ることだって可能です。それに、幸いにして在宅勤務も認められているので、何とかなるかなと。

まぁ、1月からひとまずフルタイムで働いてみます。慣れるまで、私も家族も大変ですが、やってみます。

あ、そうだ。このブログのタイトルどうしようかな、、、まだこのままでいっか。

皆さんもコロナ禍で大変な思いされていると思いますが、ご無理なさらずにうまく乗り切りましょうね。大変な思いされているのは一人じゃないと思いますから。


今日もポチをお願いします。
↓↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ