こんにちは。時短父さんです。

保有する米国個別株14銘柄のうち7銘柄について、各金融機関の投資判断が更新されましたので、お知らせします。対象となるのは、ビザ(V)、ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)、マクドナルド(MCD)、3M(MMM)、プロクター&ギャンブル(PG)、クラフト・ハインツ(KHC)、エクソンモービル(XOM)です。

まずは各銘柄の4-6月期の一株利益について、市場予想と実績を振り返ります。データはNASDAQのサイトから取っています。

ビザ(V)
市場予想 1.02ドル < 実績 1.06ドル

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)
市場予想 1.16ドル < 実績 1.18ドル

マクドナルド(MCD)
市場予想 0.76ドル  実績 0.66ドル

3M(MMM)
市場予想 1.77ドル < 実績 1.78ドル

プロクター&ギャンブル(PG)
市場予想 1.01ドル < 実績 1.16ドル

クラフト・ハインツ(KHC)
市場予想 0.64ドル < 実績 0.80ドル

エクソンモービル(XOM)
市場予想 -0.63ドル  実績 -0.70ドル

7銘柄のうち5銘柄で実績が市場予想を上回り、2銘柄(エクソンとマクドナルド)が市場予想を下回りました。エクソンは36年ぶりの2四半期連続の最終損失となり、マクドナルドは私が確認した過去数年間で最悪の四半期でした。ビザも前年比で減収減益でしたね。

気になるのは各金融機関が発表する投資判断がどうなったか?です。彼らは市場にかなりの影響力を持っているので無視するわけにはいきません。

ビザ(V)
ビザについては、決算発表後に4機関から判断が出されています。モルガン・スタンレーは「Overweight」で維持(目標株価203ドル)、レイモンド・ジェームズは「Outperform」で維持(同217ドル)、パイパー・サンドラ―は「Neutral」で維持(同206ドル)、JPモルガンは「Overweight」で維持(同186ドル)となっています。

4機関中3つは、強気姿勢を崩していません。目標株価の平均は203ドルとなっていて、現在株価192ドルを上回っています。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)
ベライゾンについては、3機関から判断が示されています。レイモンド・ジェームズは「Outperform」で維持(目標株価64ドル)、スコシア銀行は「Sector Outperform」で維持(同64ドル)、UBSは「Neutral」で維持(同60ドル)となっています。

3機関中2つで、強気姿勢を維持しています。目標株価の平均は62.6ドルで、現在株価57.9ドルを上回っています。

マクドナルド(MCD)
マクドナルドについては、3機関から投資判断が発表されています。モルガン・スタンレーは「Equal-Weight」で維持(目標株価208ドル)、クレディ・スイスは「Outperform」で維持(同214ドル)、バンク・オブ・アメリカ証券は「Buy」で維持(同225ドル)となっています。

マクドナルドも強気姿勢は変わらずですね。安心しました。目標株価の平均は215ドルで、現在株価199ドルを上回っています。

3M(MMM)
3Mについては3機関から投資判断が示されています。クレディ・スイスは「Outperform」で維持(目標株価179ドル)、モルガン・スタンレーは「Equal-Weight」で維持(同166ドル)、バークレイズは「Underweight」を維持(同157ドル)としました。

3機関とも維持したものの、判断は強気・中立・弱気まちまちの状態です。目標株価の平均は167ドルで、現在株価151ドルを上回っています。

プロクター&ギャンブル(PG)
プロクター&ギャンブルについてはモルガン・スタンレーのみが発表していて、「Overweight」を維持(目標株価144ドル)しています。決算発表前にはジェフェリーズとドイツ銀行が「Buy」で維持を発表していました。3機関の平均目標株価は143ドルとなっています。現在は最高値で133ドルです。

クラフト・ハインツ(KHC)
クラフト・ハインツについては、決算発表後にモルガン・スタンレーのみが「Equal-Weight」で維持しています(目標株価35ドル)。決算発表前にはパイパー・サンドラ―が「Overweight」に引き上げを行っていました(同39ドル)。現在株価は35.0ドルです。

エクソンモービル(XOM)
エクソンモービルについては、2機関が発表しています。モルガン・スタンレーは「Equal-Weight」を維持し(目標株価45ドル)、RBCキャピタルは「Underperform」を維持(同50ドル)しました。エクソンについても、強気・弱気姿勢まちまちの状態ですが、引き下げの判断はなかったので、良かったです。現在株価は43ドルです。


7銘柄について、市場予想を下回った銘柄があるにも関わらず、ほとんどの機関が投資判断を維持しています。これは既に業績悪化を事前に織り込んでいたからでしょうし、4-6月期が底と見ているからだと思います。下期は徐々に上向いてくると判断しているのでしょう。

上記に示したものは金融機関の判断で、あくまで投資の参考にするものです。投資は自己責任でお願いします。


今日もポチっとお願いします。
↓↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ