こんにちは。時短父さんです。

国内でも新型コロナの感染者がまだ増加傾向にあり、政府や各自治体首長による不要不急の外出自粛を呼び掛けがされています。経済活動も制限されおり、このままでは雇用や賃金に影響が出ることはほぼ確実です。

仕事を減らされ、金はないのに、外には出られないから、家にいる時間はたっぷりある。そんな方は是非今こそ投資をしてみませんか?

投資?

金がないのにどう投資しろというのか?とお思いかもしれません。それはごもっとも。投資と言えば、株式投資や不動産投資を思い浮かべるはずで、これらには種銭が要ります。お金に働いてもらうのが、投資ならば、投資にはお金がなくてはなりません。

しかし、何もお金を働かせることだけが投資だとは思いません。私たちの最大にして最も大切な資産は、自分自身の頭です。医学的な意味でも大切ではありますが、ここでは頭脳という意味です。

記憶や発想、想像、感情、感覚、人間の全てを司る頭脳こそが最大の資産です。知的な生産活動はもとより、金を稼ぐための肉体労働だって、頭脳が司令を出しているからできることです。

最大の資産は、自分自身の頭脳です。

外に出られず、家にいる時間がたくさんあり、マネーゲーム(株式投資、不動産投資など)に参加するほど経済的な余裕がないなら、是非とも自身の頭脳に投資をしてみましょう。

具体的にどんな投資があるのでしょうか。「投資」というくらいなので、何らかの(できれば経済的な)リターンが将来得られるものが良いですね。「満足」や「充実」程度では、趣味の範囲を超えません。経済的なリターンが得られそうな投資を考えてみました。

・語学
→語学はビジネスや仕事を行う上でも最も重要な要素の一つです。特に英語は、世界の共通語としての役割があり、これができないと対等な、ビジネスパートナーと見なされません。「英語ができる」というだけで、職場から重宝されることは間違いありません。

また語学はグローバル企業だけのものではありません。訪日外国人が増加傾向にある昨今、どんな業種、職種であっても何らかの形で語学のスキルが求められます。

・読書
→読書は時間がたっぷりある時にはお勧めの投資です。読書は、もしかしたら語学よりも大切な要素かもしれません。語学はある意味スキル(技術)です。考えていることや感じていることを表現する手段です。

しかし、読書は、あなたの考えを深めてくれ、あなたに知識を与えくれ、あなたに感性を備え付けてくれます。言い換えれば、読書はあなたを形作ってくれます。どんな読書をしてきたかで、あなたが決まるといっても過言ではありません。

本を読んだからといって、すぐに余計に金を稼げるわけではありませんが、ヒトとして恥じないビジネスパーソンになるには必要な投資であることは確かです。

・料理
→自宅にいるなら料理をしてみましょう。いつもインスタントや冷凍食品で済ませているなら、材料を揃えて手料理を作ってみて下さい。
料理は想像力を鍛えます。冷蔵庫にある食品から何ができるかを考え、段取りを考えます。風味と彩りを備えた盛り付けは、まるでアートです。

料理が投資になるわけないと思いますか?私は投資になり得ると思いますよ。「食」は人間の欲求の一つですし、生きる上では必須だから、誰もがその情報を欲しがります。

限られた食材で逸品を作る、しかも素早くとか、見た目が良いとか、洗い物が少ないとかは、特徴的なスキルです。これらをブログやYouTubeで公開すれば、立派なビジネスになり得ますし、経済的なリターンも得られるでしょう。

・ブログやYouTube
→ブログやYouTubeで、自分の持っている強みを公開してみましょう。先ほど、料理を例に挙げました。語学は、それだけで稼ぐことは難しいですが、これをコンテンツとして高められれば、ブログやYouTubeを通じて収益を得ることも可能です。

自分の好きなもの、得意なことを公開するだけならハードルは高くありませんね。私の場合は資産運用とか、株式投資の話がそれに該当しただけです。

ただ本当に収益化を突き詰めるのなら、他人が必要としている情報を、ある程度のエンタメ性を持たしてあげることが大切です。せっかくの努力も、収益性が低いために、報われないなんてことになりかねません。


ここでは4つの投資をご紹介しました。一般的な投資とは違いますが、いずれもご自身のスキルや能力を高めてくれて、かつ経済的なリターンをもたらし得るものです。時間はあり、金がないなら、最大の資産である自分の頭に投資してみて下さい。


今日もポチっとお願いします。
↓↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ