こんにちは。時短父さんです。

最近、高配当株は高リスクな投資なんじゃないかと思い始めてきました。何をいきなりと思われるかもしれません。高配当株投資に否定的な方は、何を今さらと思われたでしょう。

株式投資には、主に2通りのゲイン(利益)があります。一つは、買値より高く売った時に得られるキャピタルゲイン。もう一つは、配当を定期的に受け取るインカムゲインです。

投資家はその好みによりキャピタルゲインを重視するか、インカムゲインを重視するかに大別されます。インカムゲインを重視する場合は、投資元本を配当金で回収するには何年かかるかを測るために配当利回りを用いることがありますね。なるべく早く元本を回収するために、配当利回りの高い銘柄を好む傾向があるからです。100万円出して、年間1万円の配当(配当利回り1%)よりも、5万円の配当(配当利回り5%)を貰える方がお得に見えます。

配当利回りをまるで銀行口座の預金金利と同じ感覚を持ってしまうことが、高配当株はお得だと思ってしまう理由かもしれません。極端な低金利な時代において、1%でも利息が付いたら、かなり高金利な商品です。5%の利回りはある意味異常な数値です。

高配当株は高金利な定期預金とは違います。元本割れをするリスクのある株式です。元本割れするくらいならまだしも、株式そのものがなくなる可能性だってあるのです。自分がそんな銘柄を掴まないなんていう保証はどこにもありません。

高配当株(=配当利回りが高い株式)には、それなりの理由があるから、高配当株なのです。一般的には、株価が下がっているから利回りが高くなります。株価が下がるとは、つまるところ投資家から評価されていないことを意味します。

投資家は何を評価していないのは、その会社が行う事業とその将来性です。投資は過去の実績に対してするのではなく、未来に対して行うものです。過去の利益ではなく、将来の利益。過去の配当ではなく、将来の配当。だから投資家が高く評価するビジネスは、その株価は高くなりますし、逆も然りです。

高配当株は、その事業の将来性を評価されないがために利回りが高くなるだけでなく、株価を維持するため(投資家に評価してもらいたくて)に(1株利益に対して)高い配当を払う傾向があります。これがさらなる高配当利回りを生むのです。

恥を偲んで良い例を提供します。
私は今ものすごく含み損を抱えた銘柄を2つ保有しています。一つはJT、もう一つはクラフト・ハインツです。両銘柄ともに30%前後の含み損です・・・。
それぞれ最初に買った時の配当利回りは、4.5%〜5%くらいだったでしょうか。株式投資によってインカムゲインを得ようと、この2銘柄を買いました。

しかし、ご存知のようにJTは国内のたばこ需要は急激に減少していて、収益源が先細っているのは明白です。国内企業としては高い営業利益率を誇るものの、やはりその事業に将来性はないと市場からは判断されています。期待していた連続増配もストップしてしまいました。JTの株価は4年ほど前に比べて、約半分に下落。配当利回りは、まもなく7%に達しようとしています。7%が「お得」と本当に思えるでしょうか??
JT株価チャート


クラフト・ハインツも、バフェット銘柄だからという理由だけでは投資すべきでありません。バフェットも「失敗だった」と認めたくらい、過大な投資(2社合併)でした。オスカーメイヤーなど主要ブランドの減損を行ったことは、同社のブランド力がかなり毀損していることを証明しました。クラフト・ハインツは昨年36%もの減配を行ったものの、未だに配当利回りは5%を超えており、インカム投資家を惑わせています。株価はピーク時から1/3に下落してしまいました。
【KHC】株価と配当利回り

さてこうしたことから、必ずしも高配当株がインカム投資家にとって良い投資対象とは言えないことが分かります。

では、インカム投資家にとって許容できる適度な配当利回りはいくつくらいなのでしょうか?

個人的には2%〜3%ではないかと思います。

健全に株価が右肩上りで推移していて、配当も毎年増やしている場合で、2%〜3%あったらかなりの高配当株だという印象です。
米国株で最長の64年連続増配を誇るアメリカン・ステーツ・ウォーター(AWR)の配当利回りは、株価の上昇とともに下落しており、現在は1%台の半ばです。
株価と配当利回りの推移
インカムゲイン投資家にとって1%の配当利回りでは、確かに少し不満かもしれません。株式投資はキャピタルとインカム両方あってのものとの考え方に切り替えられれば、さほど気にならないのかもしれませんが、なかなか難しいのも事実ですよね。

日用品のプロクター&ギャンブル(PG)なんかは、比較的配当利回りは高くて、過去4%台で推移していた時期もありました。株価が好調な現在でも2%台の半ばを維持しています。こちらも60年以上の増配を続けています。
【PG】株価と配当利回り

飲料大手のコカ・コーラも連続増配銘柄としても、高配当株としても有名ですね。2010年代の半ばは売上高が減少傾向となるなど苦戦が続き、株価成長は低位でした。一方で増配は続けていたため、配当利回りは3.5~4%を維持していました。3%を割ったのは、本当にここ最近のことです。
【KO】株価と配当利回り
3%の配当利回りがあれば、インカムゲイン投資家にとっても、まぁまぁ満足する水準ではないでしょうか?もちろん満足する水準には個人差がありますが、株価の上昇をも期待するならば、2~3%が妥当な利回り水準だということはご理解頂けたのではないでしょうか?

今日もポチっとお願いします。
↓↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ