こんにちは。時短父さんです。

11月の受取配当金が出揃いましたので、ここにご紹介します。

日本株 12,000円
    内訳 NTTドコモ 12,000円

米国株 128.32ドル(13,987円相当)※1ドル=109円
 内訳 PG 26.24ドル
    T 57.08ドル
              VZ 45ドル
配当画面(2019年11月)
    
   
合計 25,987円(税引き後)

【2019年受取配当金推移(日米株別)】
配当金推移(2019年11月)

11月は日本株からはNTTドコモの1銘柄、米国株からはPG、T、VZの3銘柄でした。合計での25,987円は、今年4番目の多さです。米国株からの入金は増加傾向にあるものの、毎月概ね100ドル~200ドル前後で推移しています。11月はNTTドコモからの中間配当が入金額を押し上げました。


【受取配当金の経年比較】
受取配当金 月別推移(2019年11月)

入金額の推移を見てみると、11月は前月比で146%増加し、前年同月比では79.4%増加となりました。6ヵ月連続で、前年同月実績を上回ることができました。

これは前年よりも各銘柄の保有数量を増やしてきたことと銘柄自身の増配によります。
11月に受け取った配当銘柄の保有数量と1株あたりの四半期配当額は以下のように変化しています。

【保有数量】
NTTドコモ 100株⇒200株
PG 37株⇒49株 
T 113株⇒156株
VZ 46株⇒102株

【1株あたり中間・四半期配当額】
NTTドコモ 55円⇒60円(5円増配
PG 0.7172ドル⇒0.7459ドル(0.0287ドル増配
T 0.50ドル⇒0.51ドル(0.01ドル増配
VZ 0.6025ドル⇒0.615ドル(0.0125ドル増配

保有数量は4銘柄とも増加しています。NTTドコモは2倍、VZも2倍超です。Tの保有数量は38%増加しました。PGは株価が高止まりしている関係で、買い増しがあまりできていませんので、32%増加に留まっています。

4銘柄とも増配を実施してれています。米国3銘柄の増配率は2.8%、NTTドコモのそれは9.1%でした。

前年11月の為替レートは1ドル113円、今月は109円で計算しているので、1年間で3.5%も円高になっています。3.5%だと、2.8%の増配分は為替で相殺されてしまうことになりますね。

つまり受取配当金の増加分の多くが、保有数量の増加によってもたらされたということ分かります。
配当重視、増配銘柄重視の投資をする時は、やはり入金を継続的に行い、定期的にコツコツ保有数量を増やしていくのが良いのですね。

さて、次月は1年で2番目に多く入金がある12月です。
予定では、日本株は3銘柄の中間配当が、米国株は6銘柄の 四半期配当を受け取ることなっています。多くの銘柄の買い増しを行っていますし、増配銘柄もあります。前年12月は22,000円の入金がありましたが、今年は大幅に増える公算です。1年の終わりを気持ち良く迎えたいものです。


今日もポチっとお願いします。
↓↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ