こんにちは。時短父さんです。

将来の配当金生活を夢見る投資家(予備軍含む)は多いと思います。配当金=不労所得だけで生活できれば、経済的な自由を達成したことになります。働くかどうかを、経済的な理由で決めなくて済むなんて、なんて素晴らしいのか!

夢は見るものですが、見ているばかりではなく、できればそれを実現したい。私も時短勤務を始めてからというもの、株式投資を通じて配当金生活を目指しています。

現在は毎月約30万円を個別株に投資していて、着実に保有株式を増やしています。これに伴って、受け取る配当金も増えてきているのは、嬉しい限りです。

配当金生活という目標を達成するだけなら、毎月の入金を継続するだけで十分かもしれません。しかし、それがいつになるかは分かりません。より早期に目標を達成したいのなら、受け取った配当金をどう使うかが肝心です。

仮に高配当株を100万円分買ってみたとします。そうですね、配当利回りは5%ということにしましょう。年間で5万円の配当金(税金考慮せず)を受け取れる計算です。特別、配当金生活をしたいとか考えていなければ、不労所得5万円に満足して(ちょっとしたボーナスだと思って)、消費に使ってしまうかもしれません。これもある意味では配当金生活ですが。

それはそれで構わないのですが、真の意味での配当金生活を目標とするなら、受け取った配当金を消費に使ってしまってはいけませんよね。

ここは是非とも、配当金を再投資という形で使ってみたいところです。

配当金の再投資とは、受け取った配当金を使って、新たに株式を買うことです。保有している銘柄の買い増しでもいいですし、別の銘柄でもいいです。

配当金の再投資が何故に配当金生活の実現を早めてくれるのかと言えば、複利の力を利用できるからです。毎年100万円を追加投資できるとして、単に株式を積み上げていくだけの場合と、100万円を拠出しながらも、受け取った配当金を使って株式を買い増す場合では、将来の資産額や毎年の受取配当金に差が出るのは明らかです。
資産額の推移
上は配当利回り5%の株式を毎年100万円ずつ買っていったときの20年間の資産額の推移です。青は配当金を再投資しないケース、赤は配当金を再投資するケースです。
前者はただ単に100万円を20年間積み上げただけなので、20年目に2,000万円です。
後者は複利運用しているので、20年目には3,300万円になりました。

受取配当金の推移
毎年の受取配当金の推移でも同様のことが言えます。
配当金を再投資しない場合(青)とする場合(赤)では、グラフの傾きに差が出ますね。最初の数年間は大した差は見られないですが、10年を超えてくるとはっきりとします。これが複利です。

累積の配当金は、再投資しない場合で1,050万円(これでもすごいけど)、再投資する場合で1,472万円で、400万円以上も違うのです。

今受け取る配当金をどう使うかによって、将来受け取る配当金や資産に差がでることが分かりました。今受け取る配当金で消費したければ、それはそれでどうぞ。しかし、将来受け取る額をより増やしたかったり、早く配当金生活を実現させたいのなら、今ある配当金は使うな!ということになります。

今日もポチっとお願いします。
↓↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村