こんにちは。時短父さんです。

米食品大手のクラフト・ハインツ(KHC)は10月4日、同社IRサイトに規制当局への提出書類(Form4)を立て続けに掲載しました。

Form4は、上場企業内部で重要なポストに就く人物が自社株の取引をした場合に、企業が証券取引委員会に提出する書類です。

同日付けで掲載されているForm4の件数は、11件。おっとこれは、全取締役(Director)の数と同等ではないか、と思いつつ1件ずつ閲覧してみました。

Form4 Aquried by Behring

Behring Alexandre氏は、クラフト・ハインツの取締役会長(Chairman)です。Form4のTable1からわかることは、このAlexandre氏が9月12日に同社の普通株式を1株あたり29.03ドルで4,306株取得したで
ということ。合計でこの方は35,608株(直接保有)になったというのもわかります。

Form4 Aquried by Castro

こちらのCastro-Neves氏は今年6月に取締役になった人物です。
 ↓↓
カストロ氏

同氏も9月12日に5,247株を取得しています。今回初めて自社株を買ったみたいですね。合計が取得数と同じ株数になっています。

という具合に全11件閲覧してみたら、本当に全部取締役でした。全てまとめてみると、以下のようになりました。
2019年9月取締役保有量

4,306株の取締役が4名、8,086株が4名などとなっています。取得数の相談でもしているのですかね??
ちなみに一番上にあるCool Tracy Bitt氏は2020年1Qで取締役を退任することになっています。

結果、11名合計で6.5万株を取得したことが分かりました。6.5万株は、発行済み株式数の0.0054%にあたります。まぁ、ほぼ「ない」に等しいです。
でも合計保有量では385万株(0.3%)になるので、少しは違いますかね。

【KHC】株主構成(2019年10月4日)

ちなみに11名全員が9月12日に株価29.03ドルで取得しています。
以前このブログでもお伝えしましたが、大株主の1つである3Gキャピタルが、約2500万株を手放す直前に買っているということですね。
【KHC】株価チャート(2019年10月4日)
3Gは9月16日に1株28.44ドルで売却しました。直後に株価がストンと落ちましたよね。

クラフト・ハインツの株価は現在27ドルを割り込んでいるので、初めて同社株を買ったCastro-Neves氏は完全に含み損を抱えてしまっています。というか、ほとんどの株主が含み損ですよね・・・

同社の2019年3Qの決算発表は10月30日だとの発表がありました。1Q、2Qの時は延期、延期でしたから(結果、いろいろありましたからね)、ちょっと心配しています。予定通りに発表されることを、まずは願うばかりです。業績とキャッシュフローの改善が見られたら、買い増し停止の措置も解除しようかなと思っています。


今日もポチっとお願いします。
↓↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ