こんにちは。時短父さんです。

先日投稿した記事で、ドル建ての配当金は再投資の実感が持ちやすい旨のことを書きました。

じゃ、一体いくら(何ドル)貯まったら、再投資したらいいのでしょうか?配当金を受け取ったら、すぐに買い増しすべきでしょうか?いや、大手ネット証券での手数料率が最低になる1,120ドルまで待つべきでしょうか。

そんな疑問から、いくつかのケースを想定して試算してみたいと思います。
前提条件として、以下を設定します。

・保有株数は100株
・株価は50ドルで一定
・配当利回りは5%で一定。1株あたり年間配当2.50ドル。
・四半期に一度配当が入金される
・税金は考慮しない
・手数料は0.45%(ただし最低5ドル)


ケース①四半期配当毎に買い増す

配当金を受け取ったら、すぐの買い増しは、再投資をやってますよ感は出ていますね。62.50ドル受け取って、50ドルで1株の買い増しです。保有株数は100株→101株に増えました。現金残高は最低手数料5ドルを差し引いて、7.50ドル。

次の四半期配当には101株分の権利があり、四半期配当額は63.125ドル。現金残高7.50と合わせて、70.625ドルの買い付け可能額を持っています。そこですぐに1株買い増して102 株にします。この時の手数料控除後の現金残高は、15.625ドルとなります。

これをひたすら10年間繰り返した場合の保有株数と配当金の推移は以下の通りです。
①四半期毎の買い増し

10年目4Q時の保有株数は158株まで増えました。その時の四半期配当額は98.125ドルです。
10年間で40回の買付けを行っており、手数料の合計金額は200ドルになりました。1回あたりは全て5ドルでしたが、40回も買付けをすればかなりの額になりますね。


ケース②1年に1回買い増す

では次に少し買い増しの頻度を落としてみましょう。四半期配当を4回受け取った後に、現金残高分を買い増すことにします。

1回分の四半期配当が62.5 ドルなので、年間250ドルになります。1回目の買い増し可能株数は、手数料5ドルを控除後で4株(200ドル)です。現金残高は45ドルです。

2回目の買い増しは1年後。保有株数は104株なので、年間配当は260ドルですね。配当と前回残高の合計(305ドル)から、手数料5ドル控除して買い増しできる株数のは、6株(300ドル)です。

これを10年間繰り返した結果は、以下の通りです。
②1年に1回の買い増し

10年間で保有株数は161株にまで増えました。1回目(1年目)250ドルだった年間配当は、10回目には382.5ドル(四半期で95.625ドル)まで増加しましたね。

手数料の合計金額は50ドルでした。

ケース③1,120ドル貯まってから買い増す

1,120ドルというのは、手数料率が最低水準になる金額です。バフェット太郎さんも著書『バカでも稼げる「米国株」高配当投資』で書かれています。

年間配当250ドルなので、1,120ドル貯めるには、4年半(250ドル×4年+62.5ドル×2四半期=1125ドル)掛かります。

このタイミングで、買えるだけ買うとしたら、22株(1,100ドル)ですね。手数料はまだぎりぎり5ドルで、残高は20ドルとなります。

次回の四半期配当以降は、122株が対象です。1回の四半期配当で76.25ドルを受け取ります。さて、今度は1回目よりは早く1,120ドルまで貯めることができます。

3年と3四半期です。この期間に配当金は1143.75ドル貯まり、前回残高(20ドル)を足して、1163.75ドルです。これで買い増せるのは23株ですね。手数料は若干上がり、5.175ドルです。
③1120ドル貯まったら買い増す

これを繰り返して行きたいところですが、すでに8年と1四半期が過ぎてしまいました。残りは1年と3四半期です。四半期配当は90.625ドルで、同期間では1,120ドルには届きません。

従って、10年間で買い増し回数は2回のみとなりました。そのため手数料は3ケースのなかでは最低で、10ドルちょっと。
最終的な保有株数は145株でした。四半期配当は90.625ドルでした。

最終的な保有株数、四半期配当、手数料合計を比較すると以下の通りです。
ケース①
保有株数 158株
四半期配当 98.125ドル
手数料 200ドル

ケース②
保有株数 161株
四半期配当 95.625ドル
手数料 50ドル

ケース③
保有株数 145株
四半期配当 90.625ドル
手数料 約10ドル

これらから言えることは、配当金再投資については、必ずしも1120ドル貯めてからでなくても良いとうことです。また買い増しの頻度が多いからと言って、最終的な保有株数が多いとは限らないです。①と②で、①は保有株数が少ないのに、四半期配当は多い理由はよく分かりません。

配当金再投資のタイミングで迷ったら、参考程度にしてみて下さい。

今日もポチっとお願いします。
↓↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ