こんにちは。時短父さんです。
居酒屋店舗
(写真はイメージです)

年が明けて、仕事始めの1週間が過ぎようとしています。多くの職場では、新年会が開催されていることと思います。

時短父さんの職場でも、今夜は新年会との連絡がありました。でも、参加しませんよ。
だって会社の飲み会というのは、はっきり言って時間とカネの○駄ですから。

新年会と銘打ったところで、結局は日頃の愚痴の言い合いに過ぎません。上司が来て話をしても、会社で話したことと同じ内容ばかり。
料理も大して○味くないのに、しかも好きでもない料理を勝手に運ばれ、最低5,000円は徴収される。

しかも、一次会では終わらず、必ず二次会、三次会と続き、その度に財布が軽くなっていきます。
結局飲み過ぎで、翌日の仕事に遅刻したり、パフォーマンスが悪くなったりと、良いことは何一つないのです。

そんな生産性のないことに、何故大事なプライベートな時間と貴重な小遣いを使わなければならいのでしょう。しかも、2週間前に忘年会したばかりでしょ!!もう忘年会したことも忘れたのでしょうかね。

人と会って、飲食をするなら少人数(理想は2人)にすべきです。大人数だと、雑音が邪魔してしまいますから。少人数なら人の話をじっくり聞くことができますし、自分の意見を整理して話すこともできます。

それに人と飲食するなら、必ずリターンを考えるべきです。別に何か計算をしてやれと言うわけではありませんが、一つでも多く自分の身になることを得ることはできますよね。相手からアドバイスを得て、次の日の仕事に活かすとか。

ただ飲食しようと思っているだけでは、能動的には動けません。今日はあの人に○○を聞いてみようとか、逆に○○を教えてあげようとか、事前にプランを考えておくと、スムーズでしょう。
つまり、プライベートの時間を割いて行う飲み会や飲食の場に、惰性で行くのは止めた方が良いということです。

どうしても飲みたいなら、家飲みにでもしたらいい。居酒屋ではビール1杯500円しますが、缶ビールなら200円です。居酒屋では唐揚げは700円しますが、スーパーで買ったら400円です。

気の合った仲間とワイガヤやる方が安いし、ストレス発散になるし、楽しいですよね。 

会社の飲み会参加はほどほどにして、時間とカネを自分のスキルアップや投資に回した方が生産的です。

時短父さんは新年会には行かず、帰りの電車内で(勿論シラフ状態で)、この記事を書いています。少額でも収益化できたら、無駄な時間を生産活動に変えられたことになりますからね。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ