こんにちは。時短父さんです。
時短父さんは、経済的な自由、つまり不労所得が生活に必要な支出を上回る状態を目指して投資活動をしています。人によって、またご家庭によって生活に必要な支出額は異なりますので、ここは一つの到達目標として、毎月10万円(年間120万円)としましょう。10万円じゃとても生活できないでしょうが、10万円あれば毎月の食費と家賃の半分くらいは賄えるのではないかと思います(ちなみに時短父さん宅の食費は月5万円、住宅ローンの支払いは月8万円ちょっとです)。時短父さんの場合の不労所得は、株式からの配当収入です。
どんな生活が待っている?
年間配当120万円…毎月10万円が何もしないで証券口座に入金されると考えるだけでワクワクしてきます。120万円あれば、今の生活がどう変わるでしょうか?
まず転職の決断が容易になるでしょう。仮に今の職場に不満があって転職を希望している場合、転職による年収減を補うことができます。自宅から近い職場に移れば、通勤(痛勤)地獄からも解放されるかもしれません。
次に余暇を充実させられるでしょう。転職はしないにせよ、今の職場で無理して長時間労働する必要はなくなりますし、時短勤務でも良いわけです。その分家族と過ごす時間に費やせます。120万円を使って、毎年海外旅行に行くことも可能です(あまりお薦めはしませんが)。
配当金120万円があれば、自分の人生の選択肢を増やすことができるようになるのです。

いくら必要か?
年間配当120万円を手にするには、いくら資金が必要でしょうか?配当利回り別に見てみます。税金は考慮していません。
1%→1億2000万円(さすがに無理!)
2%→6000万円(かなり難しい…)
3%→4000万円(頑張れば何とかなるかも)
4%→3000万円(できそうな気がする!)
5%→2400万円(4%とあまり変わらない)

1%は話になりませんね。1億円以上用意できるならそもそも株式投資する必要世は感じませんし、普通のサラリーマンが1億2000万円を貯めるのはほぼ不可能です。毎月の給料から26万円を38年間貯金する必要がありますから。宝くじでも当たるか、遺産相続するくらいでしょうか。
2%なら資金は6000万円です。1億2000万円に比べれば現実感のある数字ですが、住宅ローンを支払いながらの6000万円はかなり難しい額です。
3〜4%では、ぐっと現実的になりますね。ちょっと頑張れば達成可能な数字に見えてきます。高配当株の利回りは3〜4%と言われますし、実際時短父さんのポートフォリオの利回りは○%です。
5%以上は、継続的に利回りを維持するのが難しいです。5%以上のものが全てダメと言うわけではないですが、異常に高い利回りの銘柄は、業績が低迷して、それが株価に反映されていることが多いです。最悪の場合、株式が紙くずになるリスクがあるので注意が必要です。

今何をすべきか?
配当利回りから、年間配当120万円を得るにはいくら必要か見てきました。妥当な利回りは3〜4%程度で、3000〜4000万円の資金が必要だということが分かりました。あとはいつまでに達成したいかということでしょう。時短父さんの場合は、仮に時短勤務ができる期間でとすると、あと9年間です。毎年200万円ずつ追加投資すると、元本だけで1800万円になり、現在の株式資産と合わせれば2500〜2600万円となります。毎年の配当金を再投資していけば、3000万円には手が届きそうです。
では、具体的にどんな銘柄に投資していくかですが、やはり高配当・連続増配株が最適だと思います。成長株は配当金を出すことは稀ですし、投資信託は売却したいタイミングで利益が出ているとは限りません。つまり値上がり益を狙う金融商品は不向きだと言えます。成長は見込めないですが、潤沢なキャッシュフローと株主還元に積極的な連続増配株に投資すれば、持っているだけで資産を増やすことができます。

120万円は通過点
年間120万円の配当金では、きっと全ての生活費を賄うことはできません。従って、120万円という数字はあくまで経済的自由を手に入れるまでの通過点に過ぎません。手にした120万円をどう使うかということですが、120万円をそのまま生活費に充てるのはまだマシです。何故ならきっとまだ給与所得があり、それを追加投資できるので、資産は増やせます。しかし、レジャーや娯楽に使ってしまうようだと、給与所得は生活費に回りますから、資産は増えません。ここは複利の力を利用して、配当金の全部また多くを再投資するようにしましょう。そうすれば、あなたの資産は加速度的に増えていくことになり、経済的自由を手に入れることも夢ではありません。

どんな生活かを想い描き、目標を定め、計画を立てましょう。計画を立てれば「夢」は現実的なものになります。あとは自分を信じて、前に進むだけです。幸運を祈ります。


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村