こんにちは。時短父さんです。

企業に一定期間勤めていると、管理職になるか、一般職のままで行くか、の選択に迫られます。入社同期の動向が気になるところでもあります。入社以来の大きな決断(人生の選択)になるわけですが、周りに流されてしまうことだけは避けたいものです。

管理職の主な仕事は、部下やチーム員のマネジメントです。業務の進捗を把握し、不具合点を改善させ、チームや組織の目標を達成することです。部下のメンタルヘルスに気を配ることも忘れてはいけません。部下が最高のパフォーマンスを発揮できるように、物理的にも精神的にも支援することが大切です。

しかしながら、現実の管理職はどうでしょう?日々の定型業務や突発的な事象への対応に追われているように見えます。一般職がやるような仕事をしている時もあります。結局は会社方針に従って、動いているだけです。それは一般職が管理職から業務指示を受けて動くのと大して変わりません。そんなの当たり前だと言われてしまえば、それまでですが、果たしてそのような仕事をするためにわざわざ管理職になる必要があるでしょうか?

より上に出世するために必要なステップだと位置付けることはできます。部長級や取締役まで登り詰めれば、自ら会社方針を作成する(実際には部下に作成させるのでしょうが)こともできます。しかしながら、部長や取締役まで登り詰められる人が一体何人いるのでしょうか?会社組織はピラミッド型でポストには限りがありますから、中間管理職まではある程度は社員本人の希望いかんでほとんど決まりますが、それより上は確実に実力と運です。

大半の人が更に上に行けることがない管理職になったところで、やることは一般職と大して変わらない現実。しかも管理職というだけで残業代はつかず、一般職の管理だけはやらされるため管理職の長時間労働はなくなりません。管理職になると昇給しますが、ほとんどが固定残業代みたいなものです。また一般職に関する制度変更などがあれば、立場上は会社側の人間として対応しないといけません。組合に理解を求めて交渉する必要があります。管理職になるということは、会社に忠誠を誓い、会社組織を守っていくことを意味します。社畜からは抜け出せないのです。

同じ社畜なら、それよりも一般職で多少の苦労しようとも、制度と労働組合に守られていた方が気楽かもしれません。決められた仕事をこなしていれば、基本文句は言われません。定時で退社して、プライベートを充実させることも可能です。ただ管理職にならない分、昇給幅は抑えられて生涯年収は確実に減ります。しかしながら、一般職であってもやれることはあります。資産運用です。特に株式投資などからの不労所得があれば、生涯年収の減少分をある程度カバーできるだけでなく、会社に依存しない生き方を選ぶことができます。

管理職になるか、ならないか、決めるのは本人です。管理職になったから人生が豊かになるとは限りませんし、会社人生が保障されているわけでもありません。ここは一つ冷静に人生設計してみるのも大切です。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村