時短父さんの投資生活

日米の高配当株・連続増配株などへ投資して、経済的な自由を手に入れること、配当金で生活することを目標にしています。3児の父で、現在時短勤務で働いています。

時短父さんの投資生活 イメージ画像

更新情報

こんにちは。時短父さんです。たばこ株はインカム投資家にとって、根強い支持のある銘柄です。それは何といっても魅力的な配当利回りです。たばこ株は、消費者の健康志向や当局からの規制により常に逆風が吹いており、一般的な投資家からは人気のない投資先です。そのため株
『【高配当株】フィリップ・モリスとアルトリアのキャッシュフロー比較』の画像

こんにちは。時短父さんです。4月15日にフィリップ・モリスインターナショナル(PM)からの配当金を受領したのですが、その額について疑問に思った点があったので、メールにて楽天証券さんに問合せをしていました。どんな疑問だったかというと、株式の保有数量も1株配も前回
『【PM】楽天証券からフィリップモリスの配当について回答が来た』の画像

こんにちは。時短父さんです。米国株の主要銘柄についてキャッシュフロー分析を行っているこの企画。これまでシェブロンとエクソン・モービルの比較、ペプシコとコカ・コーラの比較を行ってきました。同じ業界の企業を取り上げるのは、事業構造が似ていることがキャッシュフ
『【高配当株】AT&Tとベライゾンのキャッシュフロー比較』の画像

こんにちは。時短父さんです。米航空大手4社(アメリカン=AAL、デルタ=DAL、ユナイテッド=UAL、サウスウエスト=LUV)の2020年第1四半期の決算が出揃いました。予想はついていたことですが、新型コロナの影響で旅客需要が急減したことで、軒並み衝撃的な数字が並ぶ結果と
『【悲報】米航空4社の赤字額合計が45億ドルを超える』の画像

こんにちは。時短父さんです。米コングロマリットのスリーエム(MMM、以下3M)は、ドラッグ・デリバリー事業の売却手続きが完了したと発表しました。同事業の売却については、昨年12月に発表されており、2020年上期中に手続きが完了するとしていました。売却の相手は、米投資
『【MMM】3Mのドラッグ・デリバリー事業の売却が完了!』の画像

こんにちは。時短父さんです。米石油メジャーのエクソン・モービル(XOM)は2020年第1四半期の決算を発表しました。売上高は561億ドルで、前年同期比11.7%減少しました。石油製品の需要減退や、原油・天然ガス価格の下落の影響で、売上が落ち込みました。純損失が6.1億ドル
『【悲報】エクソン・モービルが30年ぶりの最終損失へ』の画像

こんにちは。時短父さんです。米外食大手のマクドナルドは2020年第1四半期の決算を発表しました。内容は悪かったです。世界全体の売上高は47.1億ドルで、前年同期比6.2%減少しました。1-2月は昨年の好調さ(7.2%増)を維持したものの、新型コロナの影響が拡大したことを受
『【MCD】マクドナルドの2020年1Qは予想下回る減益でした』の画像

こんにちは。時短父さんです。米食品大手のクラフト・ハインツ(KHC)は2020年第1四半期の決算を発表しました。内容はまちまちでした。売上高は61.5億ドルで、前年同期比3.3%増加しました。在宅消費による食品需要の高まりを受けて、特に米国にて売上高が増加しました。営業
『【KHC】クラフト・ハインツの2020年1Qは増収減益でした』の画像

こんにちは。時短父さんです。日本たばこ産業(JT)は、2020年第1四半期(1-3月)の決算を発表しました。内容はまちまちでした。売上収益は5,196億円で、前年同期比2.8%増加しました。国内たばこ事業、医薬事業は減収となりましたが、海外事業が好調でした。営業利益は1,289
『【JT】JTの2020年1Qは増収減益も、調整後利益は14%増!』の画像

こんにちは。時短父さんです。勤め先の会社が2020年3月期の業績を発表しました。新型コロナの影響を受けて、減収減益に。それは予想していたことなので、あまり驚きはしません。この状況ですからね。しかし、ちょっとショックな発表も。「無配」です。理由は「手元流動性を確

↑このページのトップヘ