時短父さんの投資生活

日米の高配当株・連続増配株などへ投資して、経済的な自由を手に入れること、配当金で生活することを目標にしています。3児の父で、現在時短勤務で働いています。

時短父さんの投資生活 イメージ画像

更新情報

こんにちは。時短父さんです。配当金を受け取ることを通じて、経済的な自立や自由を手に入れようとする場合、当然受け取る配当金が多いに越したことありません。でも資産家でもない限り、普通の個人投資家が投資可能な資金なんてたかが知れていて、1年で受け取る配当金は数万

こんにちは。時短父さんです。米複合企業の3M(MMM)は11日、医療関連メーカーKCIの子会社であるAcelityの買収を完了したと発表しました。この買収案件は、事業構造改革の一環として今年5月に発表されていました。取得費用の詳細は不明ですが、3Mの発表文によると、Acelityの
『【MMM】3MによるAcelity買収が完了したよ』の画像

こんにちは。時短父さんです。高配当株投資家に大人気のたばこ株。有名どころといえば、日本たばこ産業(JT)、フィリップ・モリス・インターナショナル(PM)、アルトリア・グループ(MO)、ブリテッィシュ・アメリカン・タバコ(BTI)でしょうか。これらたばこ株を持つ理由
『【たばこ株】JT/PM/MO/BTIのキャッシュフローを比較してみた』の画像

こんにちは。時短父さんです。今週も権利落ち銘柄の紹介からスタートします。主に10月15日~18日にかけて権利落ち日を迎える主な銘柄の四半期配当と配当利回り、権利落ち日、配当推移、株価チャート(※一部不掲載の場合あり)を掲載しています。30年以上連続増配の場合は、
『【米国株】PG/FUL/HRL連続増配株の権利落日が近づいているよ!』の画像

こんにちは。時短父さんです。まだ就学前の長女ですが、彼女はれっきとした株主です。どこの株主かって?コカ・コーラです。あ、日本のボトリング会社ではないですよ。本家本物のコカ・コーラ(KO)の方です。同ブログでもご紹介しているように、すでにコカ・コーラから四半

こんにちは。時短父さんです。配当金を受け取り、それを再投資して資産を増やそうとする、いわゆる配当再投資戦略を採る投資家は多いです。配当再投資戦略の入門書的な名著『株式投資の未来』(ジュレミー・シーゲル著)にも、その重要性が書かれています。小難しいことは分

こんにちは。時短父さんです。時短父さんは毎月第2・第4金曜日に、ポートフォリオのうち最低評価銘柄を15万円分買い増すことにしています。現在は訳あって、一部銘柄の買い増しを停止していますが、そうすることでポートフォリオをリバランスを自動的に行い、かつ定期的に株
『【PM】配当利回り5.9%でフィリップ・モリスを15万円分買い増したよ!』の画像

こんにちは。時短父さんです。将来の配当金生活を夢見る投資家(予備軍含む)は多いと思います。配当金=不労所得だけで生活できれば、経済的な自由を達成したことになります。働くかどうかを、経済的な理由で決めなくて済むなんて、なんて素晴らしいのか!夢は見るものですが
『【不労所得】将来の配当金生活のために配当は使うな!?』の画像

こんにちは。時短父さんです。米航空大手デルタ航空が2019年第3四半期の決算を発表しました。内容は良かったです。売上高は125.6億ドルで、前年同期5.1%増加しました。デルタ航空は運航停止中の737MAXを保有しておらず、旅客需要が他社から流れ込みました。営業利益は20.7億
『【DAL】デルタ航空(2019年3Q)は好決算でしたが・・・』の画像

↑このページのトップヘ