時短父さんの投資生活

日米の高配当株・連続増配株などへ投資して、経済的な自由を手に入れること、配当金で生活することを目標にしています。3児の父で、現在時短勤務で働いています。

時短父さんの投資生活 イメージ画像

更新情報

こんにちは。時短父さんです。またコロナ関連での経営破たんです。米レンタカー大手のハーツ・グローバル・ホールディングスは、連邦破産法11条の適用を申請し、経営破たんしました。約2兆円に上る負債総額を抱え、債権者と協議していましたが、不調に終わりました。ハーツに

こんにちは。時短父さんです。約2ヵ月ぶりに米国株の権利落ち銘柄の紹介を再開したいと思います。理由は聞かないでくれ!さっそく始めるよ。まずは今週権利落ち日を迎える米国株のうち、私が注目していたり、世間的に注目していたりする銘柄の一覧です。銘柄/権利落ち日/四
『【米国株】今週はMCDやUNP、GSが権利落ち!』の画像

こんにちは。時短父さんです。新型コロナにより大打撃を受けた業界の一つとして航空業界があります。各国によるの入国制限、外出自粛、ロックダウンで、人は移動することができなくなりました。航空会社はヒトやモノを運ぶことを生業としており、移動その物がほぼなくったこ
『「雇用を守る」ANAは株主から支持されるのか?』の画像

こんにちは。時短父さんです。時短父さんは毎月第2・4金曜日に、自身のポートフォリオで最も評価が低い銘柄を10万円分買い増すことにしています。買付日を予め決めておくことで、株式相場の変動に気を取られることなく、機械的に買い付けを行うことができます。また最低評価
『【不人気銘柄】フィリップ・モリス株を10万円分買い増したよ!』の画像

こんにちは。時短父さんです。米百貨店メーシーズ(M)は、2020年第1四半期の売上高と営業損益の見通しを発表しました。これによると、売上高は30.0億ドル~30.3億ドルで、前年同期の55.0億ドルから45%減少する見込みです。また営業損失は9.0億ドル~11.1億ドルとなる見込み
『【M】営業損失11億ドルも、メーシーズの株価上昇の不思議』の画像

こんにちは。時短父さんです。自己啓発としてファイナンスの勉強を始めて約1ヶ月が過ぎました。ファイナンスは、企業に資金を出している株主や債権者の立場から、企業がキャッシュを上手くコントロールしているか?資金を出すに値するか?などを判断するためのものです。ファ
『【KHC】クラフト・ハインツの理論株価は45ドル?!』の画像

こんにちは。時短父さんです。小売の巨人ウォルマート(WMT)が2-4月期の四半期決算を発表しました。新型コロナの感染拡大が消費者の買いだめを促し、ネット通販を拡大させ、増収増益となりました。売上高は1346億ドルで、前年同期比8.6%増加しました。営業利益は52億ドルで
『【WMT】ウォルマートの決算が好調だと嬉しい理由』の画像

こんにちは。時短父さんです。米大手金融機関による米国株の今後についてのレポートが相次いで発表されています。それらをまとめるとS&P500指数は、今後数カ月で2,400ポイントまで落ち込んだ後、年末に3,000ポイント、1年後には3,160となる公算が高いです。では詳しく見て行
『S&P500指数は年末3,000、1年後は3,160へ』の画像

こんにちは。時短父さんです。コングロマリットと呼ばれる複合企業体が、米国企業には多数存在します。複合企業とは直接の関係を持たない多岐に渡る業種・業界へ参入する企業体のことです。例えば、スリーエム(MMM)です。文具のポストイットは有名ですが、その粘着技術は様
『【資本財株】キャッシュフローで見る3Mとハネウェルの優位性』の画像

こんにちは。時短父さんです。米医薬ベンチャー企業のモデルナ(MRNA)は、新型コロナウィルスへのワクチン開発において、同社が開発し、同米国当局が主導して初期治験を行っていたワクチン(mRNA-1273)で、有効な結果が出たと発表しました。治験では18歳~55歳の治験患者
『【朗報】新型コロナワクチン開発でモデルナ株が急騰!!』の画像

↑このページのトップヘ